たなブログ 教養を高めて生涯資産を増やすブログ(`・ω・´)

ビットコインはどこで買うべきかをまとめてみた!初心者に使って欲しいおすすめの取引所「3つ」を紹介

仮想通貨

ビットコインをどこで買うか迷ってる人「ビットコイン買いたいなー。でもどこで買えばいいんだろ?初心者にもわかりやすいように理由とあわせて説明して欲しい」

こんな悩みを解決していきます。

ビットコイン取引をする時に知っておくべき6つの基準

「損しないようにビットコインを買いたい」

初めて仮想通貨取引をするときに僕が思ったことです。比較サイトはあるものの、結局どの取引所がいいのか、なぜその取引所がいいのかをわかりやすく示してくれるものはほとんどありませんでした。

ただでさえ仮想通貨を始めるハードルは高いのに、取引所を選ぶのにも時間がかかってしまったら面倒になって諦めてしまう人も多いはず。そういった人を減らすために、本記事を書いてみました。

結論、取引所で口座を開設する際には以下6つの基準を満たしているかどうかで判断してみてください。

  • ポイント①:取引できる仮想通貨の種類
  • ポイント②:アプリやPCの操作性
  • ポイント③:運営会社のセキュリティ
  • ポイント④:スプレッド含む手数料
  • ポイント⑤:口座開設のしやすさとスピード
  • ポイント⑥:少額から投資できるか

その理由を本記事で詳しく解説していきます。その上で、これら6つの基準を満たした初心者におすすめの仮想通貨取引所を紹介します。期間限定で2,500円相当のビットコインがもらえる取引所もあるので、ぜひチェックしてください。

本記事の内容

  • ビットコイン取引をする時におさえておくべき”6つの基準”
  • 初心者の人におすすめの仮想通貨取引所”3つ”を理由とあわせて紹介

ビットコインはどこで買うべきか初心者におすすめの取引所を「3つ」をわかりやすく紹介


ビットコインをはじめとした仮想通貨は、今や国内でも多くの場所で購入できるようになっています。だからこそ、重視すべき「軸」を持ち、自分にあった取引所で口座開設をしていきましょう。

ビットコイン取引は”6つの基準”をベースに始めよう

先ほど紹介した”6つの基準”を再掲します。

  • ポイント①:取引できる仮想通貨の種類
  • ポイント②:アプリやPCの操作性
  • ポイント③:運営会社のセキュリティ
  • ポイント④:スプレッド含む手数料
  • ポイント⑤:口座開設のしやすさとスピード
  • ポイント⑥:少額から投資できるか

なぜこれらがポイントとなるのか、1つずつ解説していきます。

ポイント①:取引できる仮想通貨の種類

そもそも仮想通貨というのは、ブロックチェーン技術を根幹としたデジタルな通貨です。世界で流通している仮想通貨の種類は1,900以上にも及ぶと言われているほど。

そんな仮想通貨の中でも最も代表的な存在となるのが「ビットコイン(BTC)」です。

そのため「ビットコインさえ取引できれば取引所なんてどこでもいい」と僕自身考えたことがありますが、結論としてビットコイン以外の仮想通貨も取引できる場所を選ぶようにしておきましょう。

なぜなら、最初はビットコイン取引だけでもいいですが、次第に他の仮想通貨にも興味が出てくるから。加えて、NFTの台頭によってイーサリアム(ETH)の人気が出るなど、今後は色々な仮想通貨にも可能性が生まれるからです。

最低限、知っておいて欲しい仮想通貨をまとめておいたので参考にしてみてください。

ビットコイン(BTC) 決済や支払いを目的に開発された世界で初めての仮想通貨
イーサリアム(ETH) 契約自動化(スマートコントラクト)を目的としたアルトコイン代表格
リップル(XRP) リップル社が管理している中央集権的な仮想通貨で海外送金に便利
ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコイン(BTC)から派生して生まれた処理能力の高い仮想通貨
イーサリアムクラシック(ETC) ハッキングやセキュリティ対策に力を入れて生まれた仮想通貨

この後紹介する取引所では、上記すべての仮想通貨の取り扱いもあります。

ポイント②:アプリやPCの操作性

2つ目のポイントやアプリやPCの操作性、使いやすさ。

仮想通貨の取引は株式やFXとは異なり、24時間365日いつでも取引できるため、操作性はめちゃくちゃ大事になります。特にアプリの使いやすさ。

平日働いている人であれば昼休みにスマホで取引したり、週末休みのちょっとした時間に外で相場をチェックしたいというニーズは必ず生まれてきます。そのためにも、口座開設しようとしている取引所のPC・スマホの操作性に問題ないかは絶対にチェックしておきましょう。

ポイント③:運営会社のセキュリティ

続いては運営会社がセキュリティ対策に力をいれているかどうか。

仮想通貨にはハッキングのリスクがあります。過去にもハッキングによって通貨が流出した事件があるので、運営会社のセキュリティ対策は当然気にすべきポイントとなります。

結論として、以下の3点が備わっていればあまり心配する必要はないです。

  1. 大手会社による運営体制
  2. 二段階認証設定の導入
  3. 顧客資産の分別管理(保証制度)

本記事で紹介する取引所は上記いずれも備えています。

ポイント④:スプレッド含む手数料

4つ目に知っておくべきポイントは「手数料(スプレッド)」について。

仮想通貨取引をする際は、以下のような手数料やスプレッドが発生します。

取引手数料 販売所や取引所で取引する際に発生する手数料
送金手数料 海外送金など、仮想通貨を外部に送金する際に発生する手数料
入金手数料 仮想通貨取引所で開設した口座に入金する際に発生する手数料
出金手数料 仮想通貨取引所で開設した口座から出金する際に発生する手数料
スプレッド 仮想通貨取引所の利益となる購入時(Ask)と売却時(Bid)の価格差のこと

こういったスプレッド含む手数料をできるだけ安くおさえられる取引所を利用することが大事です。

ただ最初は少額から始める人も多いので、あまり気にし過ぎなくても大丈夫。慣れてきたら利益幅を最大化させるべく、取引所を使い分ける工夫をしていけばいいだけです。実際、僕も5つの仮想通貨取引所で口座を保有しているほどです。

後ほど、各種手数料が無料となるおすすめ口座も紹介していきます。

ポイント⑤:口座開設のしやすさとスピード

5つ目のポイントは口座開設のしやすさとスピード。

「これから仮想通貨、ビットコインを購入していこう!」とせっかく意気込んでも、口座開設が複雑で時間がかかってしまったらその気持ちも萎えてしまいますよね。

だからこそ、サクっと口座開設できる取引所を利用するのがおすすめ。この後紹介する取引所は、即日または1営業日~口座開設できるスピード感を持っているので、ぜひ利用してみてください。

ポイント⑥:少額から投資できるか

最後のポイントは「少額投資ができるか」です。

色々とポイントを紹介してきましたが、はじめてビットコイン投資をするという人にとって一番重要なポイントかもしれません。現に、僕もビットコインをはじめて購入する時は、できるだけ少額から始めたいと思っていました。

いきなり100万円を投資するのは怖すぎるので、数千円と少額から取引できるとありがたいですよね。僕は5,000円から始めることをおすすめしていますが、実際には100円単位で投資できる取引所もあります。取引単位を小さくすることで少額からでも取引できるか、ぜひチェックしてみてください。

ビットコインはどこで買うべきか【おすすめ取引所まとめ】

お待たせしました。「これからビットコインや仮想通貨を買おう!」という人向けにおすすめの取引所を3つ紹介していきます。

実際にはもっと多くの取引所がありますが、いきなり5個-10個紹介されても「よくわからない」と感じた経験が僕自身にあったので、ここでは3つに限定します。いずれの取引所も、先ほど紹介した”6つの基準”を満たしていますし、僕も実際に使っています。

おすすめの取引所をまとめたものがこちら。

1つずつ、特徴とおすすめの理由を紹介していきます。

おすすめ取引所①:Coincheck(コインチェック)


「初めてビットコインを買おう」と思った時に僕が一番最初に開設した口座がコインチェックです。特徴とおすすめの理由をまとめたものがこちら。

  • 理由①:取り扱っている仮想通貨が17種類と国内最大級
  • 理由②:スマホアプリが使いやすく、トレードしやすい
  • 理由③:取引所の取引手数料が無料
  • 理由④:マネックスグループが運営しているため、セキュリティ対策も万全
  • 理由⑤:2022年6月30日まで2,500円分のBTCがもらえるキャンペーン

少額からでもはじめられるので「ビットコインに投資するのは不安」という人でも安心して始められます。今なら6月末までに口座開設(本人確認および入金完了含む)で2,500円分のビットコインがお得にもらえるキャンペーンをやっているので、チャンスです。


具体的な口座開設方法~入金の仕方~ビットコインの買い方については少額からできる仮想通貨ビットコインの始め方を徹底解説【5,000円から買うのがおすすめ】で解説しています。

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

おすすめ取引所②:bitFlyer(ビットフライヤー)

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年~2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)


2つ目のおすすめ取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)。特徴とおすすめ理由がこちら。

  • 理由①:最短即日で取引が可能
  • 理由②:スマホアプリが使いやすく、トレードしやすい
  • 理由③:2020年3月時点でグローバル顧客数が250万人を突破
  • 理由④:国内で最も運営期間が長く、信頼度も高い仮想通貨取引所
  • 理由⑤:仮想通貨の取り扱いが15種類と多く、1円単位で積立投資もできる

僕が2つ目に開設した口座がビットフライヤーでした。口座開設も簡単で、申請したその日にすべての審査も完了し、本当に即日で取引が出来たほどのスピード感。

口座開設~入金~購入の手順についてはbitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する方法を図で解説【最短10分で即日から使えます】で図解しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトはこちら

おすすめ取引所③:DMM Bitcoin


最後に紹介するおすすめ取引所はDMM Bitcoin。こちらも特徴と理由をまとめてみました。

  • 理由①:取引手数料や出金手数料などが無料(BitMatchを除く)
  • 理由②:スマホアプリが使いやすく、トレードしやすい
  • 理由③:2022年3月時点でレバレッジ取引の取扱いが国内No.1
  • 理由④:DMMグループ運営のため安心・安全のセキュリティでサポートも充実
  • 理由⑤:現物取引の最小取引単位が0.0001BTCのため、少額投資が可能

僕が3つ目に開設した口座がDMM Bitcoinです。

「なぜいくつも口座を開設するの?」と疑問に思われる人もいるでしょうが、リスク分散や賢い投資を実現するためには複数口座の開設は必須だと考えています。

基本的にはどの取引所でも24時間365日取引できますが、何かイレギュラーが発生した時に1つの取引所しか使えない状態だとちょっと怖いですよね。また、取引所によって手数料やスプレッドも異なっています。

そのため「手数料をできるだけおさえたい」「レバレッジ取引を始めてみたい」と考え始めるようになった段階で、3つ目の取引所として開設してみてください。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

まとめ:ビットコインはどこで買うべきなのか?【結論、3つの仮想通貨取引所から始めてみよう】


本記事をまとめます。

  • ビットコイン取引をするためには仮想通貨取引所で口座開設が必須
  • 取引所を選ぶときは”6つの基準”を意識してみよう
  • 中でもアプリの操作性やセキュリティ対策、少額投資は重要な項目
  • 最初はコインチェックビットフライヤーでの口座開設がおすすめ
  • 手数料やレバレッジに興味が出てきたらDMM Bitcoinでの口座開設がおすすめ

こんな感じですね。

本記事で紹介した仮想通貨取引所であれば、初心者の人でも安心して取引できます。まずはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、気になる仮想通貨を購入するためにも、口座開設をしてみてください。

仮想通貨ライフ、楽しんでいきましょう!