ブログ運営 WordPress ブログ 副業

「Googleアドセンス通過後」にすべきことを解説します

sub_img1

こんにちは、TAKです。
今回は「Googleアドセンス審査通過後」に関する記事を書いていきたいと思います。

Googleアドセンスに合格した喜びも束の間、思ったのが「ん?次は何をすればいいんだ?」という疑問でした。ネットにも情報自体は色々転がっていましたが、シンプルに理解出来るものが少なかったので、自分の備忘録含めて紹介していきます。

このブログ運営に関する環境も記載しておきますので、一致している方は是非参考にしてみてください。

【こんな人に読んで欲しい記事です】
Googleアドセンスに合格したが、「次にするべき行動」が今一つわからない方

早速ですが、僕のブログ環境は下記となります。
すべて一致している必要はありませんが、赤字箇所は広告の設定方法に影響があるので、同じような方には参考になるかと思います。

利用CMS Word Press
ドメイン 独自ドメイン(.com)
ドメイン取得先 ムームードメイン
レンタルサーバー ロリポップ
サイトURLのSSL化 実施済
Cocoon利用状況 あり

広告を表示させるには3ステップでOK

ステップ①:Googleアドセンス「審査時のコード」を削除

まず最初に、Googleアドセンス申請時に貼り付けたコードを削除しましょう。
削除しなくても支障はないですが、削除しないままだと意図しない広告が勝手に入ってしまうおそれがあるので、削除した方が「ユーザー」にも「自分」にも優しいサイトになるでしょう。

申請時に貼り付けたコードは「Cocoon設定 > アクセス解析・認証」にあります。

上の図ではすでに消してしまった後ですが、headerに挿入済のコードを削除して終わりです。

ステップ②:Googleアドセンスのマイページで「配信用コード」を取得

まずはGoogleアドセンスページにいきログインしましょう。
いくつかチェックすべき点はありますが、コード取得を目的に進めます。

結論からお伝えすると、下記の流れでコード取得出来ます。
「広告サマリー > 広告ユニットごと > ディスプレイ広告 > 広告ユニット名入力 > コードコピー」


※自動広告の設定箇所は「オフ」にしましょう。「オン」にすると広告感満載のブログになります(笑)
※上枠に「ads.txtファイル」に関する警告が出ますが、今回の記事では省略します(別記事で紹介)。


以上で「広告コード」の取得が完了となります。

ステップ③:Cocoon設定から「配信用コード」を貼り付け

最後にステップ②で取得したコードを貼り付けて完了です。
貼付場所は「Cocoon設定 > 広告」にあります。

この上の画像にある「広告設定」はデフォルト設定でOKです。
広告ラベルは、表示される広告の上に記載されるメッセージです。例えば、「オススメの広告です↓」みたいな記載をすると、Googleポリシー違反となる可能性があるので要注意です。

少し下にスクロールすると、上図のようなアドセンス設定の「広告コード」欄があるのでここに貼ればOKです。

最後に「広告の表示位置」を設定しましょう。
ここは、どこをいじったら自分のサイトにどのように表示されるか、自分でカスタマイズしてみましょう。
自分が頑張って作ったサイトを台無しにするような広告表示の仕方は避けるべきです。
よくわからなければ、上のチェックマークのように設定してみてください。

Googleアドセンスについて知っておくべきこと

以上の3ステップでGoogleアドセンスの広告が自動的にサイト表示されるようになったはずです。
「広告表示」という点ではこれで完了ですが、これから引き続きGoogleアドセンスを使って収益化するにあたって知っておくべきことがいくつかあります。
今回は紹介にとどめておきますが、順次記事にまとめて紹介出来るようにしていきますね。

Googleアドセンス開始によって収益化に目が行きがちですが、クリックしてもらうことだけ考えてもあまり意味はないです。「Googleが何を求めているのか」、「広告主にとって広告掲載したいと思えるサイトになっているか」、「ユーザーに有益な情報を提供出来ているか」を徹底的に考えることが大切でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はGoogleアドセンス合格後にすべきことをシンプルに紹介させて頂きました。
これによって、自分のサイトに「広告」が表示されるようになります。

まだまだスタート地点に過ぎませんが、一歩ずつ改良を重ねてより良いサイト運営をしていきましょう!
では今回はこのへんで。