ブログ運営 WordPress ブログ 副業

Googleアドセンスの「ads.txt」警告を解消する方法を紹介します

こんにちは、TAKです。
今回も前回に引き続き、「Googleアドセンス」に関する記事です。
(前回の記事はコチラです↓)

前回記事の最後にも少し紹介した「Ads.txt」警告を解消することを目的とした記事を書いていきます。

【こんな人に読んで欲しい記事です】
Googleアドセンスのホーム画面に「ads.txtファイルの問題を解消してください」と警告メッセージが表示されているため、今すぐ解消したい方

問題解消までの3ステップ

現在の「Googleアドセンス」ホーム画面の確認
まずは目線が合っているか念のため確認しておきます。
現状としてGoogleアドセンスのホーム画面に下記メッセージが表示されていることを確認してください。
「ads.txt」とはそもそも何か?放置してたらどうなる?

この後実際の対応方法をコンパクトに紹介しますが、そもそも「ads.txt」とは何でしょうか?
「知らなくてもいいよ」と言われてしまえばそれまでですが、広告業界で比較的最近から話題になっている「ある問題」に対処するための方法がこの「ads.txt」なのです。

ある問題とは、「Ad Fraud(広告不正)」です。
今回記事の趣旨から外れるので結論だけお伝えしておくと、「ads.txt」を設置することでこのAd Fraudを防止することが可能となり、結果として広告主側にもサイト運営者側にもメリットが生じます。
広告主側・・・信頼出来るサイトのみに広告設置が可能となり、無駄な広告費用の発生を防止
サイト側・・・悪意ある第三者によるなりすましを防ぎ、ドメイン評価Downによる収益低下を防止
ざっくり言ってしまうとこのような効果が期待出来るので、「ads.txt」は導入した方が望ましいです。
放置しているとブログ運営者側は収益が低下するおそれがあるので、下記方法で対応していきましょう!
基本的な対応方法は「作成⇒サーバーにアップロード⇒確認」の3ステップとなります
【ステップ①】「ads.txt」を作成する

まずは「ads.txt」をテキストファイルで作成していきましょう。
どんな内容を記載すればいいかは、Googleアドセンスガイドに記載があるのでこれを参考にしましょう。
このガイドのページを少し下にスクロールしていくと、こんな画面があります。

画像一番下の赤枠部分をテキストファイルに貼り付け、「pub-xxx」部分を編集しましょう。
「pub-xxx」部分にはサイト運営者IDを記載します。
パブリッシャーIDは下記画面のように、Googleアドセンスホーム画面から確認出来ますので参考にしてみてください。

パブリッシャーIDを確認したら、テキストファイルの文字コード「UTF-8」を選択して保存してください。
これで「ads.txt」ファイルの作成は完了です。

【ステップ②】作成した「ads.txt」をサーバーにアップロードする

次はサーバーに作成したファイルをアップロードしましょう。
ここでのポイントは「ルートドメイン」に保存するという点だけです。
簡単に言えば、「https://hogehoge.com/ads.txt」となるようにアップロードするということです。

僕はレンタルサーバーとしてロリポップを使っているので、同じ方は下記画像を参考にしてみてください。
基本的に、どのレンタルサーバーでも同様に操作できるのでトライしてみてください。

これでアップロード作業も完了です。

【ステップ③】「ads.txt」がアップロードされているか確認する

作業自体は以上で完了です。
Googleアドセンスホームの「警告メッセージ」自体は消えるまで数日かかるので、2-3日経過しても消えていない場合は、アップロード場所が正しいか、テキスト内容が正しいかを確認してみてください。

最後に、「ads.txt」が適切にアップロードされているかを下記いずれかの方法で確認してみましょう。
①:一つ目の方法は「https://hogehoge.com/ads.txt」にアクセスする方法です。
②:もう一つの方法は、チェックツールを使う方法です。

②の方法の場合、下記画像のようにメッセージが表示される可能性がありますが、特に問題ありません。

まとめ

以上でGoogleアドセンスのホーム画面に表示される「ads.txt」問題を解消することが出来ます。
Googleアドセンスに合格したばかりの方が多いと思うので、正直収益にもさほど影響は出ないでしょう。
ただ、今後PVを伸ばしてブログ運営を頑張る方には、是非対応しておいて欲しい内容です。

自分のサイトのためだけでなく、広告主やユーザーのためにもなるので、この記事を読んだ後にトライしてみてください。

では今回はこのへんで。