Quality of Life QOL 健康投資

【不安を解消したい方向け】新型コロナ抗体検査キットとは何か?必要性やメリット・デメリット、購入方法を紹介します

こんにちは、TAKです。
先日、「コロナ抗体判定キット」を家族や会社のスタッフ向けに初めて使ってみたので、今回は「新型コロナ抗体検査キット」について紹介していきたいと思います。

「抗体キットってそもそも何?」という方から「抗体検査キットでわかることやメリット・デメリットを知った上で使いたい」という方の疑問に答えていきます。

【こんな人に読んで欲しい記事です】

● 新型コロナ抗体検査キットを使う前に、概要や仕組みを知っておきたい方

● 自分や周りの家族、自社の従業員を守るために検査キットの購入を考えている方

まず初めに、「抗体検査」については様々な意見があるので、自分なりの目的意識を持ち、理解した上で使用されることをオススメします。

「生活のために、毎日満員電車に乗って仕事に行かなければならないから不安」
「自分はコロナ怖くないけど、家族に高齢者や妊婦がいるため感染させたくない」
「社員の不安を少しでも払拭するために、検温以外にも簡易に出来る抗体検査をしてあげたい」

などなど、コロナウイルスに限った話ではありませんが、自分が置かれている環境によって物事に対する考え方や必要な行動は変わってきます。ちなみに、僕は上記2つ目と3つ目の理由から使ってみました。

抗体検査キットの利用が今抱えている不安を解消する手段となり得るような場合には、検討する価値はあるかと思います。最初に、本記事の結論をざっくりとまとめておきます。

抗体検査キットに関するポイント【本記事のまとめ】

● 抗体検査キットを使うことで、「抗体の有無(過去の感染履歴)」を推定することが出来る

● 抗体検査の判定結果を通じて、「不安の解消」や「適切な行動」を図れる点がメリット

● 抗体検査には「解釈の難しさ」や「精度(偽陽性や偽陰性)」に関するデメリットが存在

● 検査自体は、自己採血針(1滴)を用いて10分前後で判定することが出来る

● 購入する場合には、ECサイト経由よりもクリニック経由の方が安心感が得られるためオススメ

抗体検査キットとは何か?

そもそも「抗体検査キット」とは何でしょうか?
簡単に言ってしまえば、「抗体」を検査するための道具です。

抗体とは言うのは、細菌やウイルスから体を守ってくれる体内で作られる物質のことを言います。
体内に入ってきた細菌やウイルスは、体の中で様々な攻撃や悪さを仕掛けてきますが、こういった悪い働きから守ってくれる「防御」の役割を果たすのが「抗体」のイメージです。

そして、体内にどんな抗体があるのかを知ることで、過去に何に感染していたかを知ることが出来ると言われています。つまり、抗体検査キットを用いることで「過去に新型コロナウイルスに感染したことがあるか」「新型コロナウイルスに対する抗体を持っているか」を知ることが出来るということになります。

「抗体検査で今ウイルスに感染しているかはわからないの?」と思われる方もいるでしょうが、「今」時点のウイルス有無を把握するためには「PCR検査」をする必要があります。

「PCR検査」と「抗体検査」の違いについては、この後紹介していきます。

PCR検査と抗体検査の違い

PCR検査と抗体検査の主な違いを簡単にまとめると以下のようになります。

「PCR検査」と「抗体検査」の違いまとめ

【相違点①】 検査の目的が異なる

【相違点②】 検査の方法が異なる

【相違点③】 検査結果が出るまでの所要時間が異なる

【相違点④】 検査のしやすさが異なる

医療プロの人に言わせればもっと詳細に異なる点はあるでしょうが、大まかな違いを知るには上記で十分かと思います。

1つ目の違い「検査の目的」という観点からは、PCR検査は「ウイルスの有無」を調べるのに対し、抗体検査は「ウイルス抗体の有無」を調べる点で異なります。PCR検査は「今」の状況把握を目的としていますが、抗体検査は「過去」の感染履歴の把握を目的としているとも言えますね。

2つ目の違い「検査の方法」ですが、PCR検査は綿棒のようなものを鼻の奥に入れて、のど奥の粘膜内にウイルスのRNA(遺伝子)がないかを調べます。テレビでも頻繁に目にする光景ですね。一方、抗体検査では自己採血針を使って、指先の血液を1滴採取することで抗体の有無を調べます。個人的な感想ですが、自己採血針での採血はほとんど痛みを感じなかったので、注射が苦手な方でも大丈夫だと思います。

3つ目の違い「検査結果までの所要時間」ですが、PCR検査は一般的に数日(1-2日程度)かかるそうです。対して、抗体検査は数分程度で結果がわかるので場所を選ばず気軽に検査が可能です。

4つ目の違い「検査のしやすさ」ですが、PCR検査は自分が「受けたい!」と希望して受けられるものではないそうです。最近は検査数も増やしているようですが、通常は地域の窓口相談を経て専門外来や医師の判断を仰ぐ形になるとのことです。それに対して、抗体検査はクリニック経由で購入した検査キットを使って誰でも検査することが出来ます。

僕も最初は両者の違いがよくわかっていませんでしたが、このように比べてみると色々と違いがあることがわかりますね。

抗体検査キットの仕組み

続いて、「抗体検査の仕組み」について簡単に紹介しておきます。
抗体検査キットを使って検査することで、コロナウイルスに対する「抗体(免疫)」があるかどうかを確認することが出来るのでしたね。

具体的には、自分で採血した血液1滴を専用キット垂らすことで、「IgM抗体」と「IgG抗体」の有無を判定することが出来ます。両者の意味の違いは以下の通りです。

「IgM抗体」と「IgG抗体」の違い

● IgM抗体 ・・・ 感染の初期に現れ、比較的早期に消える抗体

● IgG抗体 ・・・ 感染してから数週間後に現れる抗体(消える時期は不明)

後ほど紹介するAi Medical Clinic Ginzaのホームページで紹介されている図を引用すると、「IgM抗体」と「IgG抗体」の出現タイミングは以下のように異なることが見て取れます。

「IgG抗体」と「IgM抗体」の違い【Ai Medical Clinic Ginzaより引用】

つまり、検査を通じて「IgM抗体」と「IgG抗体」の有無を確認することで、「感染初期である可能性」や「過去に感染していたが、抗体(免疫)を持っている可能性」を知ることが出来るという仕組みになっています。

抗体検査キットのメリット&デメリット

では、「抗体検査キット」を用いることのメリットとデメリットとは何でしょうか?

一般的に言われるデメリットとしては「精度が低い」ことや「解釈が難しい」という点が挙げられます。
抗体検査の場合、感染初期だとPCR検査に比べて精度が低いと言われることが原因かと思いますが、感染中期(3週以降)になると精度は90%以上になるとも言われています。

そもそも、「PCR検査」であっても感度(感染している人を正しく感染者と判別出来る確率)は50%~70%程度と言われています。検査結果で「陰性」と出たとしても実は感染している可能性(偽陰性)や、「陽性」と出たとしても実は感染していなかった可能性(偽陽性)はあり得るということです。

もう一つのデメリット「解釈の難しさ」というのは、「検査結果が陽性または陰性だったらどうなのか?」ということです。「陽性」だったとしても、「抗体があるから今後感染しない」とは言えないということです。

抗体検査のデメリット

● 検査タイミングによっては精度が落ちる可能性がある

● 陽性で「抗体」があったとしても、今後感染しないとは言い切れない

対して、考えられるメリットとしてはいくつかあるでしょうが、個人的には「不安の解消」と「行動の抑制(コントロール)」の2つかなと感じています。

検査結果が正しいと仮定した場合には、「陰性」と出ることで「不安を抱えながら仕事や生活をしていた人」にとっては心理的負担の解消に繋がるはずです。また、「陽性」と出ることで「今まで対策しないで行動していたから、今後はより気を付けよう」とか「家族に感染させないためにも、念のため自分だけはホテル暮らしにしよう」など、行動や意識をコントロールすることが可能になります。

特に、家庭内に高齢者の方や持病持ちの方、妊婦さんがいて不安がある場合には、抗体検査を実施して不安要素を取り除いていった方がいいと思います。

抗体検査のメリット

● 抗体検査の結果を知ることで、抱えていた不安を解消することに繋がる

● 抗体検査の結果を通じて、自分の行動を変えたり家族を守ることが出来る

メリットやデメリットの感じ方は人それぞれなので、自分が思うメリットがデメリットを上回っている場合には、抗体検査キットで検査してみることをオススメします。

抗体検査キットを購入する方法

最後に、「抗体検査キットを使って検査をしてみたい」という方向けに、抗体キットを購入する方法を紹介しておきます。

ECサイト経由でも購入出来るのかもしれませんが、結論としては「クリニック」経由で購入した方が良いと思います。理由は、シンプルに安心と信頼を得られるからです。

かかりつけのクリニックがある場合には、そこで確認してみてみるのもありだと思いますが、抗体検査を導入しているクリニックはさほど多くない印象です。また、「コロナ 抗体キット 購入」で調べてみるとわかりますが、購入出来る場所を見つけるのは意外と面倒です。

そこで、「ある程度信頼出来るクリニックから購入したい」という方は、先ほど少し紹介したAi Medical Clinic Ginzaが提供する抗体検査キット「CHECK CORONA」がオススメです。

僕も以下の理由からここの抗体検査キットを使用しました。

CHECK CORONA」がオススメな理由

【ポイント①】 家族単位でまとめて申し込みが可能

【ポイント②】 抗体キットは数日(3日程度)で郵送され、到着次第すぐに検査出来る

【ポイント③】 Web上でアンケート形式の「遠隔健康医療シート」を受けることが出来る

抗体検査キットに関する具体的な使い方はYouTubeでも紹介されているので、「動画を見て確認したい」という方は参考にしてみてください。

新型コロナウイルス抗体判定キットの使い方

まとめ

今回は、健康投資の一環として「コロナ抗体検査キット」について紹介してきました。

この記事を執筆している時点で、東京の感染者数は増加傾向にあり、さらに政府後押しの「Go Toキャンペーン」とやらで地方でも感染者が増える可能性があります。最終的には、「自分の身は自分で守る」ことが重要となるので、不安を抱えている方は参考にしてみてください。

最後になりましたが、「抗体検査キット」は以下のリンクから申込みが出来ます。
>>> 抗体判定キットに申し込む

では今回はこのへんで。