べくとりうむ.py Written by TicTak(※現在ブログ工事中のため、見づらい点があり申し訳ないです)

法人登記の変更事項を「e-Gov」で申請する方法【労働局】

未分類

こんにちは、TAKです。
今回は、政府オンラインシステム「e-Gov」を使った申請方法について紹介していきます。

以前、「e-Gov」の環境構築に関する記事を書いたので、今回は「労働局(労働基準監督署)」への変更申請手続きを実際に見ていきたいと思います。「e-Govって何?どうすれば使えるの?」という方は、まずは以下の記事を参考にしてみてください。

また、「初めてe-Govを使って申請する」という方は、以下記事内の「e-Govオンライン申請の基本的な流れ」「トラブル回避の事前設定①②」という部分を確認した上で、本記事を読み進めるようにしてください。理由としては、トラブル回避の観点から初めて申請する場合に知っておいた方が良い項目をまとめているからです。

【こんな人に読んで欲しい記事です】

● オンライン電子システム「e-Gov」を使った申請をしていきたい方

● 労働基準監督署に対して、法人登記変更内容をオンラインで届出したい管理層の方

【e-Gov】登記変更事項を労働基準監督署にオンライン申請する

労働基準監督署に対して必要となる手続きの概要

今回の目的は、法務局で法人登記を変更した後の「労働基準監督署」への変更届をe-Gov経由で実現することとなります。労働保険(労災保険)に加入している企業が対象となります。

「商号や登記住所変更」を前提とした場合、労働基準監督署へ必要となる手続きは「労働保険名称・所在地等変更届」の提出です。東京労働局のホームページを見ても詳しい情報が載っていないので、自社の手続きをするにあたって不安な点がある場合は、Q&Aを確認したり電話相談や窓口相談をするしかなさそうです。

今回の手続き対象となる「労働保険名称・所在地等変更届」を「e-Gov」で申請していくにあたっては、以下画面で手続き名を検索するか、このページに移動してみてください。URL変更等によりページが適切に表示されない場合は、検索してください。

「e-Gov」における手続き検索画面

以下画面から手続きを進める形となります。

「労働保険名称、所在地変更」の申請画面

ボタンが3つほどあり「年金事務所」の記事で紹介した申請の流れと若干の相違点はありますが、「申請を作成→電子署名→送信」という基本的な流れは同じなので、気にせず進めていけば大丈夫です。
ボタン一番上の「申請書を作成」から進めていきます。

必要に応じて「電子署名」が求められるので、その際にはブラウザ上から電子証明書を選択して進めてください(電子署名部分は本記事では割愛しているので、方法がわからない方は「年金事務所」の記事を参考にしてください。)

申請書の作成

「e-Gov」専用のアプリケーションを立ち上げると、以下申告書の画面が出てくるかと思います。
非常に入力しづらい作りとなっているのが難点ですが、必要項目を書いていくだけなので粛々と進めていきましょう。

「労働保険名称、所在地変更」の申請書入力画面

添付書類の選択

続いて、登記簿謄本などの添付書類を選択します。
ここも「年金事務所」の記事で紹介している内容と同じ要領で進めていけばOKです。

添付書類を選択する画面

ここまでの内容が完成すると、以下のような「作成完了」という画面が出てくるので、作成した内容が表示されているかを確認しておいてください。

申告書作成完了の画面

申請届出預かり票の保存

次に、「申請届預かり票」というものを保存していきます。
以下のような画面に移ったら、「保存ボタン」を押して内容を保管しておきましょう。

後ほど申請書を送信する際に、この保存したファイルの読み込み作業が必要となります。

「申請届預かり票」を保存する画面
ダウンロードを押して保存する

「申請届預かり票」を保存したら、以下画面を確認した上で終了します。

画面終了時に保管したかを確認される

申請書の送信

最後に、作成した申請書を送信(提出)していきましょう。
最初の画面の一番下にある「申請書送信」を押すと、申請書の送信手続きに移ります。

「申請書送信」ボタンを押して送信手続きをする

すると、以下のように「預かり票」を読み込ませる画面が出てきます。
先ほど保存したファイルを読み込ませて、送信対象とするファイルが表示されていることを確認してください。

「預かり票」の読込画面
送信対象とするファイル名が表示されていることを確認

「進む」ボタンを押すと、(なぜか今さら)基本情報を入力する画面になります。
必要な箇所を入力していきましょう。

基本情報を入力する画面

基本情報の入力が完了すると、なぜかまた添付書類画面が出てきます(僕だけ?)。
登記簿謄本など必要な書類をまた選択して、次に進むことにします。

添付書類の指定画面

するとようやく、申請書の送信が出来る画面になります。
内容を確認して、送信しましょう。

申請書の送信画面

無事送信が完了すると、以下のように「到達確認」の画面が表示されます。
ここに表示されている内容は、問い合わせ時や進捗に関するメールが届いた際に必要となるため、必ず「表示内容を保存」して保管するようにしてください。

送信完了後の画面。「表示内容を保存」しておくこと。

あとは、無事に手続き完了のお知らせが来ることを待ちましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「e-Gov」を使って実際に労働基準監督署関連の手続きを進める方法について解説してきました。
年金事務所の手続きを経験していれば、「使いにくさ」は感じながらも手続きを完了させることは出来たのではないでしょうか。

今回の記事も、実際に操作される方のスムーズな操作とストレス軽減につながれば幸いです。
では今回はこのへんで。