仕事・副業・転職系 企業運営 業務効率化 経営者向け

法人登記の変更事項を「e-Tax」で申請する方法【国税庁】

こんにちは、TAKです。
今回は、国税庁のオンラインシステム「e-Tax」を使った申請方法について紹介していきます。

法務局で法人登記(商号や登記住所等)を変更した後には、各管轄機関に変更届を申請しなければなりませんよね。今回は、「税務関連」の管轄機関に届け出るべき内容について紹介していきます。

【こんな人に読んで欲しい記事です】

● オンライン電子システム「e-Tax」を使った申請をしていきたい方

● 国税庁に対して、法人登記変更内容をオンラインで届出したい管理層の方

「税務関連」の管轄機関と曖昧な表現をしましたが、法人の登記内容を変更した場合には「国税庁」や「都税(県税)事務所」「市町村」に対して「異動届出書」を提出する必要があります。

今回は、「東京都」に登記住所があり、商号変更や代表取締役に変更があった場合を想定し、「国税庁」にe-Taxで異動届出書を提出する前提で話を進めていくことにします。

【参考:法人登記変更時の必要手続き(一例)】

● 「異動届出書」の提出 : 国税庁のページ(根拠条文)を確認する

● 「給与支払事務所等関連」の提出 :  国税庁のページ(根拠条文)を確認する

※ 今回の記事では「異動届出書」の提出のみを対象としています。

【e-Tax】オンライン申請する前の確認事項

「e-Tax」のセットアップは完了しているか

実際にオンライン申請を進めていく前に、e-Taxを使える状態になっているか確認しておきましょう。
「そもそもe-Taxを使うのが初めて」という方「e-Taxについてまだ何もセットアップしていない」という方は、まず最初に以下記事に目を通しておいてください。

「e-Tax」に必要手続きは追加インストールされているか

「もう既にe-Taxは使えるよ!」という方は、必要手続きが「追加インストール」されているかを確認しておきましょう。セットアップ時に必要手続きをインストールしている方は問題ありません。

言葉だけだとわかりにくい箇所になるので、画面キャプチャで紹介します。
まず、「e-Tax」ソフトを以下のように検索して起動させてください(以下はWindowsの場合)。

「e-Tax」ソフトの起動画面

このソフトウェアを起動させると、以下のように「追加インストール」画面が出てくるはずです。

起動時に表示される「追加インストール」画面

「追加インストール」をクリックすれば、以下画面のように必要な項目を追加でインストール出来ます。
「どれをインストールしたらいいかわからない」といった方は、とりあえず以下画面をマネしてインストールしてもらえればいいかなと思います。

必要な項目を追加でインストールする

これで準備OKです。
次から実際に「e-Tax」で異動届出書を提出する方法を紹介していきます。

【e-Tax】登記変更事項を国税庁にオンライン申請する

申告・申請等の新規作成

「e-tax」ソフトを起動させたら、左サイドバーにある「作成」から「申告・申請等一覧」を選択して「新規作成」をクリックします。

新規作成の選択画面

続いて、必要な手続きや税目を選択していきます。
「異動届出書」を提出するには、以下のように「申請・届出」と「法人税」を選択します。

申告・申請等の作成画面(1/3)

すると、選択可能な帳票の一覧がズラッと出てきます。
以下画面赤枠の記載を見つけてもらえば、そこに「異動届出書」があるのでこれを選択します。

申告・申請等の作成画面(2/3)

以下画面では、自分がわかるように適当な名前をつけて次に進みます。

申告・申請等の作成画面(3/3)

基本情報の入力

続いて、基本情報を入力します。
ここは必要項目を確認しながら入力していくだけです。

基本情報の入力画面

帳票「異動届出書」の作成

続いて、メインとなる「異動届出書」を作成していきます。
少しわかりにくいですが、以下画面の右下部分に「帳票編集」とあるので、ここを選択すれば「異動届出書」の入力画面が出てきます。

帳票「異動届出書」の選択画面

異動届出書の入力画面が出てきたら、後は異動事項を埋めていくだけです。
以下画面を参考にしながら進めてみてください。

異動届出書の入力画面(1/2)
異動届出書の入力画面(2/2)

電子署名の付与

「異動届出書」の作成が完了したら、電子署名を付与していきます。
左側にあるサイドバーから「電子署名」を選択すればOKです。

電子署名の付与画面
電子署名完了時の画面

作成済資料の送信

最後に、作成した異動届出書を提出して完了です。
これも左側のサイドバーから「送信」を選択すれば申請出来ます。

作成した資料の送信画面

送信時には「利用者識別番号」と「暗証番号」が求められるので入力します。

すると以下のような画面が出てきますが、これは「e-Tax」内での受信ボックス関連の設定なので、デフォルトのままOKを選択して問題ありません。

デフォルトのまま進めてOK

以下画面が表示されれば、手続きの申請が完了となります。
あとは、審査結果を待ちましょう。お疲れ様でした。

手続き申請完了時の画面

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「e-Tax」を使って国税庁に「異動届出書」をオンライン申請する方法を紹介してきました。
オンライン申請時にはややわかりにくい部分もありましたが、個人や法人などの利用者が(他の管轄に比べて)比較的多いということもあり、さほどストレス感じることなく進めることが出来ました。

法人登記の変更後に国税庁への申請が必要となった方の参考になれば幸いです。
では今回はこのへんで。