仕事・副業・転職系 企業運営 業務効率化 経営者向け

【法人向け】e-Taxの「始め方」について紹介します【前編】

こんにちは、TAKです。
今回は、法人で「e-Tax」を使いたい方向けに、「e-Tax」の始め方について紹介していきたいと思います。

「今までは申告書や税務局への届け出を書類で提出していたけど、今後はオンライン化を進めていきたい」といった方は参考にしてみてください。

【こんな人に読んで欲しい記事です】

● 法人として「e-Tax」を使っていこうと考えている方

● 申告書の提出や変更届の提出、電子納付などを「e-Tax」で出来るようになりたい方

本当は1つの記事にまとめる予定だったのですが、結構ボリュームがありシンプルさに欠けると思ったので、「前編」「後編」にわけて記事をお届けしたいと思います(今回は前編です)。

「e-Tax」を使えるようにするためには、大きく分けて「利用者識別番号の取得」と「e-Taxソフトのインストール&初期設定」の2つが必要となります。今回は、以下図における色付き部分を紹介していきます。

「e-Tax」始め方の全体像|今回は「利用者識別番号の取得」が目的となります。

【e-Tax】事前準備手続き|利用者識別番号の取得

電子証明書の取得

「e-Tax」を使えるようにするためには、「利用者識別番号」というe-Taxを使うために重要な番号の取得が必要となります。今回は、この利用者識別番号を取得することが目的です。

国税庁のページでは、電子証明書を最初に取得するような記載がされていますが、実際には「e-Taxをインストールして作成済申告書を送信」するまでは必要になりません。

そのため、「電子証明書をまだ取得してしていない」方は、まずは今回の記事目的である「利用者識別番号」を取得し、その後忘れずに電子証明書を取得するようにしてください。

「電子証明書って何?どうやって取得すればいいの?」という方は、以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。電子証明書を一言で言えば、法務局お墨付きの身分証みたいなイメージです。

開始届出書【ステップ①】|利用規約の確認

では今回記事のメイン部分となる「開始届出書」を提出していきましょう。
この届出書を提出すれば、e-Taxに必要な「利用者識別番号」が取得出来ます。

国税庁ページを参考にすると、「開始届出書」を提出するためには5つのステップが必要となります。

先にお伝えしておくと難しくないです。
「ステップ①②は見るだけ」「ステップ③④はダウンロード・インストールするだけ」「ステップ⑤で届出書を作成」といった感じです。この記事を読みつつ、国税庁ページも確認するようにしてみてください。

開始届出書を提出するまでに必要となる「5つ」のステップ

まずは、利用規約を確認しておいてください。

ステップ①|利用規約の確認

開始届出書【ステップ②】 |利用環境の確認

続いて、利用環境を確認します。
個人的には「Chrome」も使えるので助かりました。

ステップ②|利用環境の確認

開始届出書【ステップ③】|ルート証明書のセッティング

続いてはルート証明書のセッティングをしていきましょう。
以下画面のように、ダウンロード&インストールするだけです。

ステップ③|ルート証明書のセッティング
ルート証明書のインストール画面

開始届出書【ステップ④】|信頼済サイトへの登録

続いて、信頼済サイトとして登録する作業をしていきます。
これも、ステップ③と同じく以下画面のようにダウンロード&インストールするだけです。

ステップ④|信頼済サイトへの登録
信頼済サイトへの登録画面(1/2)
信頼済サイトへの登録画面(2/2)

開始届出書【ステップ⑤】|届出書の作成

最後に、届出書を作成していきましょう。
今回は法人を想定しているので、「届出書の選択」では「法人」をクリックしてください。

ステップ⑤|届出書の選択
「法人の方」を選択すると、開始届出書の画面に移る。

すると、以下画面のように「e-Tax」に関する操作画面が出てきます。
内容を確認・入力しつつ「次へ」に進んでいけば完了します。参考程度に記入が必要となる画面を貼っておきますので、自社情報を参考にしながら入力を進めるようにしてください。

「開始届出書(法人用)」の画面
「開始届出書(法人用)」の入力画面 (1/3)
「開始届出書(法人用)」の入力画面 (2/3)
「開始届出書(法人用)」の入力画面 (3/3)

ここまでが入力画面となります。
「暗証番号」や「納税用確認番号等」は忘れないようにメモしておいてください。

すべて入力が終わり進めると、以下のように「利用者識別番号の発行」をします。

「利用者識別番号」の発行確認画面

「OK」を押せば、以下のように無事「利用者識別番号」が取得出来ます。

これで「e-Tax」を使うために重要な情報が取得出来ましたね。お疲れ様でした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、法人向けに「e-Tax」の始め方(前編)として、利用者識別番号を取得する方法を見てきました。
後編「e-Taxのインストールと初期設定」は以下記事で紹介しているので、こちらも良ければ参考にしてみてください。

では今回はこのへんで。