経営管理 AI(人工知能) テクノロジー 企業運営 経営者向け

【経営者必見】意思決定を強化する「ハイプ・サイクル」について解説

こんにちは、TAKです。
突然ですが、「AIやブロックチェーン等の最新テクノロジーに投資したいけど、正直いつ投資すればいいかわからない」「投資しても回収出来るかわからず困っている」と悩んだ経験はありませんか?

今回は、そのような時に役立つ「ハイプ・サイクル」という考え方について紹介していきます。

【こんな人に読んで欲しい記事です】
1. 「ハイプ・サイクル」について理解を深めたい方
2. 最新テクノロジーへの投資タイミングがわからず悩んでいる方
日頃から様々な経営意思決定を求められている経営者にとっては、最新テクノロジーへの理解と自社ビジネスとの親和性、そして投資タイミングを把握することは非常に重要です。
ハイプ・サイクルを理解することで、経営意思決定を強化していきましょう。

「ハイプ・サイクル」とは

最新テクノロジーは「5段階進化」する

「ハイプ・サイクル」という概念は調査会社Gartnerが提唱した考え方です。

ハイプ・サイクルを一言で言えば、最新テクノロジーの相対的評価と投資タイミングを把握するためのツールであり、少し雑に言えば、「製品ライフサイクル仮説」のテクノロジー版とも言えるでしょう。

これをGartnerが視覚的に表したものが下記の図です。

この図は、横軸に時間、縦軸に市場からの期待値を取ったグラフとなっています。

各段階における内容はこの後紹介していきますが、「注目されるテクノロジーの市場期待値は、時間の経過とともに変化している」という点を理解しておいてください。

【段階①】黎明期

一番最初に向かえる段階が「黎明期」です。
これは、最新テクノロジーが登場したばかりで、市場からの注目を浴び始めた段階になります。
この段階では具体的なプロダクトはなく、ビジネスへの実現可能性は低いと言えます。

【段階②】過度な期待のピーク期

黎明期を超えた後に向かえる段階が「過度な期待のピーク期」です。
これは、市場での注目度がより一層高まり、最新テクノロジーに対して「過度」な期待が集まっている時期です。わかりやすく言えば、自社との親和性が不明確にもかかわらず、最新テクノロジーの表面的な魅力にとらわれて「何でもできる」と過信している段階とも言えます。

【段階③】幻滅期

過度な期待のピーク期を超えた後に向かえる段階が「幻滅期」です。
これは、主に「過度な期待のピーク期」で投資に失敗をした企業が続出し、最新テクノロジーに対して「ガッカリ」している時期と言えます。

【段階④】啓蒙活動期

幻滅期の後に向かえる段階が「啓蒙活動期」です。
これは、最新テクノロジーに対する成功事例や失敗事例が増えてきたことに伴い、より具体的に投資を成功に導くためのノウハウが溜まっている時期です。言い換えれば、最新テクノロジーに「何が出来て何が出来ないか」がしっかりと理解されることで、「期待ギャップ」が解消されつつある段階と言えます。

【段階⑤】生産性の安定期

そして、啓蒙活動期を経て最後に向かえる段階が「生産性の安定期」です。
これは、多くの企業が最新テクノロジーに対して理解を示し、投資を実行出来る環境が整いつつある時期です。最新テクノロジーへの投資をする企業が増え、投資の回収可能性が高まっている段階とも言えます。

以上がGartnerが提唱する「ハイプ・サイクル」という考え方ですが、これをビジネスにおいてどのように活用すればよいのでしょうか?この後、考えていきたいと思います。

「ハイプ・サイクル」を活かすために

では実際に「ハイプ・サイクル」をどのように活用していくべきでしょうか?
企業によって異なりますが、「適切なタイミングで最新テクノロジーに投資し、企業価値を向上させる」ことを目的として、一応の活用目安を3つほど考えてみました。

♦ ハイプ・サイクルの活用法
1.自社のリスク許容度を把握するキッカケにする
2.最新テクノロジーの市場期待値を知るキッカケにする
3.最新版ハイプ・サイクルと自社のリスク許容度に応じて投資意思決定をする
【活用法その1】リスク許容度の把握

まずは、自社のリスク許容度を把握してみましょう。
上場会社のようなコンプライアンスが厳しい企業であれば、投資方針はある程度決まっているでしょうが、中小企業の場合には予算制約の問題や投資失敗に対する許容度が異なるため、最新テクノロジーに飛びつく前に、一度しっかりと自社の投資判断基準やリスク許容度を見直しておくべきだと言えます。

【活用法その2】最新の市場期待値を知る

その上で、最新テクノロジーに関する市場期待値を把握するようにしましょう。
ハイプ・サイクルは基本的に毎年公表されているので、最新版のハイプ・サイクルを確認することで、自社が気になるテクノロジーの相対的価値、つまり市場での期待値を知ることに繋がります。

一例ですが、2019年度版のハイプ・サイクルコチラになります。

この図をみるとかなり多くのテクノロジーが注目されていることがわかりますね。
中には知らないテクノロジーもあるでしょうが、自社と親和性・関連性の高いテクノロジーに注目しておけば問題ないです。

【活用法その3】最新テクノロジーに投資する

最後は以上のことを踏まえて、最新テクノロジーへの意思決定をすることになります。
ここに繋がらないと、本来の目的を果たせませんよね。

自社の投資に対するリスク許容度を把握することで、リスク愛好的なのか、リスク回避的なのかがわかるはずです。ある程度予算や資金繰りに余裕があるリスク愛好的な会社であれば、投資の回収見込みがない段階(例:黎明期や過度な期待のピーク期)でも積極的に投資をすることになるでしょう。

対して、予算も資金繰りも限られているリスク回避的な会社であれば、市場での成功事例やノウハウが増え、投資回収可能性が高まった段階(例:啓蒙活動期や生産性の安定期)に投資をすることになるでしょう。

一番大切なことは、「自社と関係ないのに、最新だから導入する」という思考を捨てることです。
自社のビジネス課題を洗い出し、その課題を解決する手段として最新テクノロジーを役立てることが出来る、そして自社の予算や投資ポリシーとも一致すると判断した後に、導入すべきです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は最新テクノロジーに対する投資意思決定に役立てることが出来る「ハイプ・サイクル」について解説してきました。

ハイプ・サイクルは投資の成功や投資の回収を保証するものではありませんが、「最新テクノロジー」という表層的な響きや価値に惑わされることなく、適切に投資判断をするツールとして役立てることが出来ます。

より多くの会社が適切な投資を行い、企業価値を高めるビジネスを続けられることを願っています。
では今回はこのへんで。