べくとりうむ.py Written by TicTak(※現在ブログ工事中のため、見づらい点があり申し訳ないです)

登記簿謄本をオンラインで取得する方法を解説します

未分類

こんにちは、TAKです。
今回は、法人の登記簿謄本をオンラインで取得する方法を紹介していきたいと思います。

登記簿謄本の使用頻度は高くありませんが、大企業との取引時・従業員関連の手続き時・海外進出による現地法人設立時など、「いざっ」という時に必要になる会社の重要資料です。

コロナウイルスの影響も相まってこれからはよりオンライン化が求められるので、オンラインで登記簿謄本を取得出来るようにしてみましょう。やり方さえわかれば簡単です。

【こんな人に読んで欲しい記事です】
● 登記簿謄本をオンラインで取得出来るようになりたい管理者の方
● 法務局関連のオンライン手続きがどのような感じか知りたい方

今回の手続きでは、「申請用総合ソフト」を使っていくので、事前の環境構築が出来ている前提で話を進めていきます。よくわからない方は以下の記事を参考にしてみてください。

ちなみに、登記簿謄本をオンライン取得する場合には電子証明書を使った電子署名の付与は不要です。

登記簿謄本をオンラインで取得する方法

申請用総合ソフトにログイン

まずは「申請用総合ソフト」にログインしましょう。
登記簿謄本の取得であれば、「かんたん証明書請求」というソフトインストール不要のWEBブラウザ経由で操作する方法も可能なようですが、僕は以下の理由から申請用総合ソフトを使っています。

【理由①】登記変更手続きをしたい場合には、申請用総合ソフトが必要となるため
【理由②】印鑑証明書の請求をしたい場合には、申請用総合ソフトが必要となるため

つまり「申請用総合ソフト」をインストールしておけば、機能が制限されず法務局管轄タスクをこなすことが出来るってことですね。

申請用総合ソフトのログイン画面

申請書の作成場所を知る

ログインしたら、あとは申請書を作成してデータを送信&電子納付するだけです。
「申請書の作成場所」を知ることが、この記事での一番のポイントだと思います。

登記簿謄本をオンライン請求するための申請書画面

上記赤枠部分を選択すれば、会社情報や受取方法などを入力する画面になります。

申請書を作成する

実際の作成画面は以下のようになります。
「登記変更手続き」に比べてだいぶシンプルなので、赤枠部分中心に確認・入力していけばOKです。

履歴事項全部証明書などの証明情報や部数を選択
受取方法(郵送 or 窓口)を選択

以上が申請書作成に当たって必要な画面となります。簡単ですね。

作成内容の確認&データ送信

申請書を作成したら、以下赤枠部分で内容を確認して完了させましょう。

申請内容の確認をして完了させればOK

その後、申請データ送信を押せば完了です。

申請データを選択して送信

これで登記簿謄本のオンライン請求が完了しました。

電子納付をして完了

最後に、忘れずに電子納付をして全手続きを完了させます。
以下画面のように「納付」ボタンを押して、会社情報を入力していけば簡単に納付出来ます。

納付ボタンをクリック
自社情報を選択して、納付を完了させましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、いざという時に必要となる重要書類「登記簿謄本」をオンラインで取得する方法を紹介しました。
申請書を作成する場所さえわかってしまえば結構簡単なので、必要になった際には利用してみてください。

では今回はこのへんで。