べくとりうむ.py Written by TicTak(※現在ブログ工事中のため、見づらい点があり申し訳ないです)

【簡単】e-Taxを使って確定申告をする方法を解説|前編

未分類

こんにちは、TAKです。

今回は、オンラインで確定申告出来る「e-Tax」を使うための導入プロセスを2回にわけて解説していきたいと思います。

この記事を書いている2020年4月時点では、既に申告期限は過ぎています(2020年はコロナウイルスの影響で例外的な措置有)が、2021年以降にe-Taxを使ってみようかなと思っている方向けに、備忘録込めて紹介していきます。

【こんな人に読んで欲しい記事です】

●  e-Taxを使ってオンラインで確定申告をしようと考えている方

●  時間を効率的に使うために、今後は手続きのオンライン化を進めていきたい方

僕も2019年度分を確定申告しましたが、以前監査法人に勤めていた頃はサラリーマンだったので確定申告は不要でしたし、その後は海外で働いており日本の非居住者となり確定申告は不要だったため、何気今回が初めての経験でした。

環境構築が出来てしまえば、申告自体はスムーズに出来た印象でしたが、その環境を整えるまでが正直面倒だったので、シンプルに必要事項を紹介していくことにします。 一つ一つ順を追っていけば難しくありませんが、冗長になってしまうのを防ぐため、前編と後編にわけて紹介していきます。

e-Taxを利用するまでの流れ

【前編記事の内容】 マイナンバーを読み込むため、ICカードリーダー設定をする

【後編記事の内容】 e-Taxを利用するためのセットアップをする

※前提事項として、マイナンバーカードを取得済であること

まだマイナンバーを持っていないという方は、お住まいの自治体・市区町村のホームページやマイナンバー申請プロセスを確認して手続きをしてみてください。申請自体は簡単ですが、僕の場合は確か3-4週間ほど時間がかかったので、時間に余裕をもって手続きをしておいた方が良いかと思います。

【ステップ①】ICカードリーダーの購入

ICカードリーダーの必要性

まずは、電子証明書であるマイナンバーカードを読み取るための「ICカードリーダー」を購入しておく必要があります。

ICカードリーダーは何でも良いわけではなく、「専用」のマイナンバーカード読み取りに対応したものを選ぶ必要があります。対応した機器の一覧表は以下ページの「マイナンバーカードをご利用の場合」から確認出来ますので、好きなものを選んでみてください。

e-Taxのオンライン申告を進めるために必要なICカード

⇒ マイナンバーに対応したICカードリーダーの一覧表

オススメのICカードリーダー

ICカードリーダーの一覧表を見てくださった方はわかると思いますが、種類がめちゃくちゃ多くて結局何を選べばいいのかわからないと思います。僕も確定申告前に色々調べていて「???」となったのを覚えています。

この記事を読んでくれている方には無駄な時間を費やして欲しくないので、僕が購入したICカードリーダーをオススメします。僕が最終的に購入したのは「SONYのPaSoRi(RC-S380)」です。

SONYの「PaSoRi」で出来ることはコチラのホームページに記載してあるので、気になる方は事前にチェックしてみてください。ページ内にも「e-Taxの利用が可能」としっかりと書いてあるので安心です。

ちなみに動作環境ですが、僕はWindows10を利用しています。Macだと利用出来ない可能性があるので事前にご確認ください。Amazonからも購入出来るので、利用したい方はチェックしてみてください。

[affi id=41]

【ステップ②】ICカードリーダーのセットアップ

セットアップの目的

Amazonで購入すれば1-2日で配達してもらえるので、手元に来たらセットアップをしましょう。
同封されているセットアップガイドでも出来ますが、一部説明通りに行かない点もあったので記載しておきます。ここでセットアップする目的は、自分のPCでICカードリーダーを認識出来るようにすることです。

ちなみに、読み取ったICカードリーダーの情報(マイナンバーの情報)を使えるようにするためのセットアップは、後編の記事で設定していきます。

NFCポートソフトウェアをダウンロード

購入したICカードリーダーと自分のPCを接続すれば、自動的にインストールが始まる場合もあるようですが、僕の場合は何も動かなかったので、手動でインストールしました。

同じような方は、以下画面のようなダウンロードサイトから手動でインストールしてみてください。
(ダウンロードページはコチラ

(手動時)インストール画面

NFCポートの自己診断

無事インストール出来たら、NFCポート自己診断というものを行います。
これは自分のPCと購入したカードリーダーが適切に接続されているかを確認するようなプロセスですね。

Windowsの方は、ホーム画面から「NFC」と入力して検索すれば、以下のようなアプリが出てくるはずなので、クリックして自己診断を進めていきましょう。

NFCポート自己診断の画面

以下のような画面になったら、赤枠部分にチェックが入っていることを確認して、次へ進みます。
このとき、マイナンバーをカードリーダーに乗せておくようにしておいてください。

赤枠チェック部分を確認

最終的な自己診断結果が、以下となります。
このとき、赤枠部分が両方とも「〇」となっていれば、セットアップ完了です。
マイナンバーをカードリーダーに乗せておかないと、右側のカードとの通信が「×」になります。

最終的な自己診断結果|「〇」となっていることを確認

簡単ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、「e-Taxを使って確定申告をするための方法」について紹介しました。

e-Tax手続きが出来るカードリーダーさえわかれば、難しくないことがわかったかと思います。これから始めたいという方や、どのカードリーダーを選べばいいかわからず悩んでいる方の参考になれば幸いです。

セットアップが完了した方は後編の記事も参考にしてみてください。

では今回はこのへんで。