たなブログ 人生リア充化を目指すブログ(`・ω・´)

【映画】シング2~ネクストステージでB’zの稲葉さんが声優に初挑戦!【吹き替え版のキャストが豪華すぎる】

その他色々

こんにちは、B’zファン歴20年超のたなです。
みなさん、シング2~ネクストステージは観ましたか?

これから観るという方。観る前にぜひ豪華な声優陣を把握しておきましょう。
より一層映画を楽しめます。

もう観たという方。「あの歌声は誰だったのか」「あのキャラの声優さんは誰だったのか」を確認して作品を一緒に振り返りましょう。

本記事の内容

  • 登場キャラクター別に吹き替え版の豪華キャストを紹介
  • 気になる声優初挑戦の稲葉さんについて
  • これから観るなら「字幕版」と「吹き替え版」どっちがいい?

こんな感じで紹介していきます。

シング2(吹き替え版)の豪華な声優陣をキャラ別にまとめてみた

シング2に登場するキャラと豪華声優陣の方々

どのキャラクターをどの声優さんが演じていたのか、リストにまとめてみました。

  • バスター・ムーン(コアラ):内村光良さん
  • ミーナ(ゾウ♀):MISIAさん
  • アッシュ(ヤマアラシ):長澤まさみさん
  • ジョニー(ゴリラ):大橋卓弥さん(スキマスイッチ)
  • グンター(豚♂):斉藤司さん(トレンディエンジェル)
  • アルフォンゾ(ゾウ♂):ジェシーさん(SixTONES)
  • ポーシャ(ウルフ♀):アイナ・ジ・エンドさん
  • ヌーシー(ヤマネコ♀):akaneさん
  • ロジータ(豚♀):坂本真綾さん
  • ミス・クローリー(カメレオン):田中真弓さん
  • ジミー・クリスタル(ウルフ♂):大塚明夫さん
  • ダリウス(バッファロー):木村昴さん
  • ナナ・ヌードルマン(羊):大地真央さん
  • クレイ・キャロウェイ(ライオン):稲葉浩志さん

めちゃくちゃ豪華…

とは言え、まだ観ていない方や名前だけではよくわからない方も多いと思うので、キャラ別に紹介していきたいと思います。

バスター・ムーン(コアラ):内村光良さん

主人公のバスター・ムーン演じるのは内村光良さん。「本当に内村さんなの?」と思ってしまうほどの上手さでした。

内村さんの本作へのコメントがこちら。

前作のときは、私とは分からずに、バスター・ムーンという役に集中して御覧になってくださった方が多くて、この役は内村だったの?という反応を多くいただきました。内村が演じたと分からない方が良いと思っていたので、嬉しかったです。5年分、歳をとったので、なるべく若さを保って、親知らずを1本抜いたので口調が変わっているかもしれませんけど(笑)、前作を見直して、思い出しながら演じたいと思います。

【これから始まる収録について】
アテレコというのは本当に難しくて、間もなく修業の日々がやってきますが、本当に声優さんのすごさを前作で実感しましたし、今作でもそう感じるだろうと思います。彼らの技術を、少しでも盗めたらなと思っています。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ミーナ(ゾウ♀):MISIAさん

優しくも力強い歌声を最初から最後まで披露してくれるミーナを務めるのはMISIAさん。まさかミーナをMISIAさんがやっているとは気づきませんでした。それにしても名前、似てますね。

MISIAさんの本作へのコメントがこちら。

【前作の反響について】
また、ミーナちゃんに会えるんだなと嬉しかったです。(前作では)とても大きな反響をいただきました。「ミーナ」宛のファンレターを小さい子からもらったり・・・。ミーナと、ミーシャは、名前が似ているせいか、その手紙の中では、ミーナちゃんとミーシャのエピソードが混ざってしまっていることもあって、何かの役をやるということは、こういうことでもあるんだなと、とても微笑ましく手紙を読んでいました。小さな子ほど、字幕ではなく吹替で海外映画を観るということを実感した瞬間でもありました。

【演じる上で挑戦したいことについて】
シャイだったミーナちゃんは、本作では前作に比べ、仲間たちに心を開いています。しかも、なんとミーナちゃんが恋に落ちるそうで・・・。恋に落ちた彼女のキラキラした気持ちが出せるように様々な歌い方を探したいと思っています。

音楽(歌)は時代も、年齢も、国も、文化も、性別も超えて想いを伝えてくれる言葉です。映画を通し、そして中で使われている音楽を通し、最初から最後まで一貫してどん底の気持ちや、前に進めないという気持ちになる時もあるけれど、その気持ちだけに引っ張られず、今を生きていこう、気持ちを塞ぐ、その天井を突き破ろうというメッセージを感じました。それは、今の時代に、とても力をくれるメッセージ。その想いを伝えるお手伝いができよう心を込めて歌い、そしてミーナちゃんを演じられるよう、頑張りたいと思います。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

アッシュ(ヤマアラシ):長澤まさみさん

クレイ・キャロウェイに憧れるロック少女のアッシュを演じるのは長澤まさみさん。声を聴くだけで長澤まさみさんとわかるので親近感湧きます。歌もめちゃくちゃうまい。

そんな長澤まさみさんの本作へのコメントがこちら。

5年も経っていたことにびっくりしています。今でも友達の子供たちが「アッシュが好きなんだ」と言ってくれるので、ずっと愛されている作品だということを感じていますし、続編が楽しみだ、と思っていたところでした。当時は私が歌う、という印象がきっと無かったと思うのでびっくりされた方もいらっしゃるのかなと思っていましたが、私自身は歌うことが好きだったので、楽しくアッシュを演じました。自分のイメージにないことを挑戦するということは、アッシュ役があったからできたことかなと思ったり、アッシュを演じたことによって楽しんで、色々なことにチャレンジできたと思います。本作でアッシュが歌う曲は難しい曲なので、また私のひとつのチャレンジになるかなと思っています。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ジョニー(ゴリラ):大橋卓弥さん(スキマスイッチ)

本作中でも穏やかでパワフルな歌声を披露してくれるジョニーを演じるのはスキマスイッチの大橋さん。やけに歌がうまいなと思っていましたが、まったく気付かないままエンドロールを見てびっくりした一人です。

大橋さんの本作へのコメントがこちら。

前作でオファーをいただいて、声優のお仕事はやった事がなく不安でいっぱいだったのですが、現場の皆さんにも本当に良くしてもらって、演じてみるとすごく楽しかったですし、もう一度オファーを頂けたのは前作の自分を認めてもらえたからなのかなとすごく嬉しく思いました。僕の周りからも、映画見たよ!すごいよかった!と沢山連絡をいただいて、とにかくすごい反響でした。めちゃくちゃ嬉しかったです!前回は初体験で分からない事だらけだったのですが、そこでの経験を活かして更に皆に楽しんでもらえるようなキャラクター作りとお芝居が出来るよう頑張りたいと思います。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

グンター(豚♂):斉藤司さん(トレンディエンジェル)

前作に引き続き、陽気なグンターを演じるのはトレンディエンジェルの齋藤さん。声優業もされているとは知りませんでした…

齋藤さんの本作へのコメントがこちら。

5年ぶりにグンターを演じることになって、素直にめちゃくちゃ嬉しいです。というのもSINGが子供たちに大人気になって、お笑いの営業に行かせていただいたときも、子供たちがグンターのぬいぐるみで手を振ってくれたりしていたので、いつか自分の子供にも見せたいなと。前回はまだ娘が生まれる前に演じたのですが、今は3歳になり、前回グンターと撮影したダンスシーンのYouTubeを娘が何回も見て踊っているのを見て、ますます2への出演を嬉しく思います。

前回は何もわからず、ほぼ初体験でアフレコと、歌。原作の声優、ニック・クロールさんの声を聞いてイメージ大丈夫かな?と、不安でしたが、終わってみれば周りの皆さんにも助けていただき、とても楽しかったですね。結果、SINGのおかげでミュージックステーションにまで出演させていただきました。

まさか芸人を始めた時、レディー・ガガの歌でMステに出るとは夢にも思わなかったです(笑)

あのメンバーたちがまたどんな成長を見せて、どんな物語を見せてくれるか。グンターがどこに連れて行ってくれるのか、とても楽しみです!

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

アルフォンゾ(ゾウ♂):ジェシーさん(SixTONES)

本作初登場のアイスクリーム屋の店員アルフォンゾを務めるのはSixTONESのジェシーさん。ジェシーさんの本作へのコメントはこちら。

【本作への出演が決まって】
『SING/シング』ってあの『SING/シング』ですか?と思わずマネージャーさんに聞き返しました(笑)ファレル・ウィリアムスさんが声優を務めるアルフォンゾ役の吹替と聞いて、本当に声優になれるんだと思いましたし、率直に“ヤッター!!”と思いました。“すごい!”と母親やメンバーも喜んでくれましたよ。私の魅力でもある「声」が色んな方に伝わると嬉しいです。アルフォンゾはすごく可愛く、ガツガツした性格の私とは正反対でアルフォンゾは優しいので、優しさが前面に出るように頑張りましたし、セリフを噛まないようにだったり、日本語を間違わないように気を付けました(笑)MISIAさんと一緒に歌うことになるとは思っていなかったので、本当に夢のようです。ジャニーズ15年していますが、いや~MISIAさんと名曲を歌うとは・・・考えもしなかったです(笑)私の声は期待せずに聞いてください(笑)すべて印象的な楽曲ですが、自ら歌った「I SAY A LITTLE PRAYER」はお気に入りの曲です。思い入れもあるので、そのシーンも観てもっと好きになってもらえると嬉しいです。私は、『SING/シング』を観てファンになりましたが、『SING/シング:ネクストステージ』は素晴らしい楽曲が揃っていて、新しいキャラクターも登場していて、特にアルフォンゾを好きになってもらえると光栄です(笑)ぜひ、好きになってください。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ポーシャ(ウルフ♀):アイナ・ジ・エンドさん

本作に新たに登場する自由気ままでどこか憎めないポーシャを演じるのはアイナ・ジ・エンドさん。クセになる声と演技に惹かれました。

アイナ・ジ・エンドさんの本作へのコメントがこちら。

【本作への出演が決まって】
マネージャーさんもびっくりし過ぎて笑っていました(笑)本当に私で良いんですか?と私も驚きましたし、状況を飲み込むのに時間がかかるほどに嬉しかったです。私は、4歳からダンスをしていますし、歌も大好きな子供だったので、自分の人生の中で生活の一部にステージがあると思っていました。でも、歌って笑顔になって観る人もハッピーな気持ちになって帰れるような台本を読んだ時に、もっときらめいた場所だと思っていいのだと思いましたし、とても刺激を受けました。

ポーシャはわがままで底抜けに明るいイメージです。自分が悔しかったら悔しいって言えるし、ハッピーだったらハッピーて言える。でも、私は、あまり感情を表にバンバン出せないので、ポーシャとは似ていないかもしれませんが、パパが好きっていうところは似ています(笑)自己中心的な部分やわがままな部分が私にもたくさん潜んでいるので、それを引っ張り出してきて向き合い、わがままになる練習していました(笑)今ではポーシャが体にいますね。それぐらい楽しかったです。

日々精一杯頑張って、色んなステージをクリアしてきたつもりですが、ここぞって時に大体しくじるんです(笑)だから、強くなりたいですし、どんな時もぶちかませる人になりたいです。私にとって音楽は、傷ついた心が癒える瞬間でもあるし、平然だったはずなのに嵐が吹くような感情にさせられる、ジェットコースターみたいなもので、気持ち良い時、最悪な時って色んな感情を教えてくれる、私にとっては教科書です。大好きです。元気がない人も元気がある人も皆が夢を見れる映画だと心から思います。私自身にとっても大好きな作品です。楽しみにしててください。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ヌーシー(猫♀):akaneさん

本作で新たに登場するカリスマストリートダンサー、ヌーシーを演じるのはakaneさん。作中のダンスの上手さはもちろんなのですが、ジョニーにダンスを教えるトレーナーとしての優しさに心に染みました。

akaneさんの本作へのコメントがこちら。

前作の『SING/シング』も、とびきりの音楽がたくさんあって、前向きになれて後押ししてもらえる、何度も観たくなる大好きな作品でした。ダンサーのヌーシーという役は、とにかくダンスに熱く、生き物離れしている凄い技ばかりで、自分がダンスしているときの気持ちを乗せて臨めたので楽しかったです。私にとってもダンスは”人生”と言えるくらい大好きなので似ているなと思いましたし、ヌーシーは指導するときに”音楽に身を任せるんだ”と、相手が頑張ろうと思える言葉をかけているので、私自身も今後大事にしていきたいと思いました。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ロジータ(豚♀):坂本真綾さん

本作のラストを飾るステージでも主演を務めるロジータ。
フルーツバスケットでは草摩慊人役も務めた坂本真綾さんが担当しています。

坂本さんの本作へのコメントがこちら。

『SING/シング』は笑って泣いて元気になれる映画で、大大大好きです。続編にもロジータが登場すると聞いてすごく嬉しくて、今からアフレコが楽しみでなりません。前作では自分の殻を打ち破り見事に夢を叶えたロジータ、今作ではどんな新しいチャレンジをするのかワクワクしています。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ミス・クローリー(カメレオン):田中真弓さん

主人公バスター・ムーンの秘書的な存在で独特の存在感を放つミス・クローリーを演じるのは田中真弓さん。田中さんはドラゴンボールのクリリンやワンピースのルフィでお馴染みですね。

田中真弓さんの本作へのコメントはこちら。

(本作への出演が決まって)やった〜!!という気持ちでした。声優としては仕事のほとんどが少年なので、こういう役どころが大好きでして、本作でミス・クローリーの出番がなかったりしたら、かなり寂しかったですよ〜感謝♡ミス・クローリーも歌いたいな〜♬とか思ってましたが、ほんの少し口ずさむところがありまして。。。ほんの少しなのに難儀しました(^◇^;)一つのことに邁進するミス・クローリーの可愛いところが大好きですが、自分の部下だったら。。。う〜ん。。。と考えると広い心のバスターさんがもっと大好きです!♡

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ジミー・クリスタル(ウルフ♂):大塚明夫さん

本作の一流劇場のオーナー社長で悪役(?)のジミー・クリスタルを務めるのは大塚明夫さん。大塚さんは数えきれないほどの作品に登場しているので、ご存知の方も多いはず。本作でもいい声でいい味出してます。

大塚さんの本作へのコメントがこちら。

タイヘンな面白さでした。
歌を歌いたくなって、芝居をしたくなりました。
あ、吹き替えではなくて舞台の上で!

そのくらい力のある作品だと思います。
ご家族揃ってご覧いただけば尚楽しいと思います。
小さなお子様から大人まで掛け値なしに楽しめますっ。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ダリウス(バッファロー):木村昴さん

本作、ミーナの相手役としてデュエットするダリウスを演じるのは木村昴さん。
木村さんの本作へのコメントはこちら。

前作に引き続き『SING/シング』の世界に携わらせていただけたことを、大変に嬉しく思います。お話を頂いたときは「またカエルか?」と、前作で演じたキャラクターの続投を想像したのですが、聞けば新キャラクターを演らせていただけるということで、アフレコが楽しみで仕方なくなりました。声優としても、『SING/シング』ファンの一人としても、大変うれしかったです。ぼくが演じたダリウスは、とにかく超ド級のナルシストなんですね。なので、その”自分に酔いしれている感”や”おれって超絶歌上手いだろ?”といった、マイペースな雰囲気を大事にしました。

「歌うこと」や「歌」は、あったほうがいいものですね、絶対。ないより断然あったほうがいい。歌えないより歌えたほうがいい。だって聞くのも歌うのも楽しいですから。歌っていたほうが人生が楽しく感じるし、充実するように思える。だから、絶対にあったほうがいい。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

ナナ・ヌードルマン(羊):大地真央さん

冒頭のシーンで主人公ムーンをたきつけ励ますシーンが印象的なナナを演じるのは大地真央さん。大地真央さんの本作へのコメントはこちら。

前作は劇場の再建への援助を決め、無事再建…というところで物語は終わっていたので、今作でナナが物語にどう関わっていくのか、その後のナナに出会えることに喜びを感じております。最初は孤独で人を寄せ付けなかったナナが、バスター・ムーンとの出会いで変わっていきます。今作は前作のその後、ということで、どんな変化があるのか私も楽しみです。

【キャラクターについて】
舞台に取り組む姿勢は少し似ているのかなと思います。ナナは90歳超えという設定ですが、立ち姿もキレイで、おしゃれで、素敵だなと思います。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

クレイ・キャロウェイ(ライオン):稲葉浩志さん

本作で登場する伝説的ミュージシャン、クレイ・キャロウェイを演じるのはB’zの稲葉さん。こんな日が来るとは夢にも思いませんでした…稲葉さんの登場シーンから最後のステージまで必見です。歌声で泣きました。

稲葉さんの本作へのコメントはこちら。

正直自分が演じている姿は想像つきませんでしたし、声優をするとは思っていませんでしたが、作品の音楽のクオリティが素晴らしいのと、かつてはロックスターだったが今は自分の家に引きこもっているクレイのキャラクターが非常に面白く、やってみようという気持ちになりました。

全てが初めての事で何から準備していいのか分かりませんでしたが、自分ではない人物像に声を入れる作業は凄く新鮮で楽しかったですし、シンガーとしても憧れの声であるボノ(U2)さんが演じる役柄を演じる事ができて光栄です。

【SING公式ページ】 VOICE CASTより引用

気になる声優初挑戦の稲葉浩志さんについて

この映画の配給元は東宝東和なのですが、担当者は以下のように語っていたそうです。

クレイが伝説的なロックスターのキャラクターということで、どの世代でも”ロックスター”として思い浮かべるミュージシャンは稲葉さんしかいないと制作スタッフ含め満場一致で第一候補となりました。ただ、アニメの中で歌唱することだけでなく、クレイとしての演技も必要なため、お受けいただける可能性があるのか半信半疑でご依頼しました。そんな中、映画とクレイの役柄に共感していただき、ボノへのリスペクトもあるということで、お受けいただけるお返事を頂いた時はスタッフ一同震えました

Yahooニュースより引用

実際に映画を観たB’zファンの僕としては、最高の一言に尽きます。
おそらく最初で最後の貴重な作品に出逢えて感謝します。

イメージもぴったり。普段聞けないセリフも聞ける。ステージの歌声で気分は有頂天。
僕から言えることは何もないので、実際に作品を見てください。

興味のある方は以下の記事もおすすめ。

稲葉さんとは直接関係ないですが、以下も良記事です。

これから観る人は字幕版と吹き替え版どっちがいい?

正直、両方観ていいと思います。

ただ一応目安を示すならば、洋楽好きの方は字幕版の方がいいかもしれません。特にU2の原曲が聴きたいという方。

一方で、お子さんと一緒に映画を楽しみたい方や豪華声優陣の中に好きな人がいる方は吹き替え版の方がいいでしょう。もちろん稲葉さんファンの方も。

シング2を観られる方はきっと音楽が大好きなはず。なので作中の楽曲もぜひチェックしてくださいね。

シング2の作中で使われている名曲は【サントラ】映画「シング2」で使われた楽曲一覧をまとめてみた!【U2やBTSの曲も紹介】という記事でまとめてみました。これから映画を観る方も、すでに映画を観たという方もお気に入りの一曲が見つかるはず。

まとめ:シング2吹き替え版は豪華声優キャストで楽しめる。B’z稲葉さん出演の貴重な瞬間をぜひ見て欲しい

今回は映画シング2の豪華な声優陣を中心に紹介してきました。

ひとりでも家族とでも楽しめるハートウォーミングな作品になっているので、ぜひ映画館に足を運んで観てください。

シング2とあるように、前作シングの続編となっています。シング2を観る前に、前作であるシングを観てから本作を観るとより楽しめますよ。シングはU-NEXT31日間無料で観ることが出来ます。

もちろん、シング以外にも人気映画やアニメ作品も視聴できます。


上の画像のように「検索窓でシングと検索」→「シング(前作)」が簡単に観れます。

ちなみに、あまり知られていないのですがU-NEXTを使って映画チケットをお得に手に入れることも可能です。ちょっとした裏技。

  1. 31日間無料トライアルで600ポイントゲット
  2. 映画引き換えクーポン(1500ポイント)を買う
  3. 差額の900円で映画チケットが手に入る

こんな仕組みになっています。もしこれからシング2を映画館で観られる予定がある方は、この裏技使ってみてください。

映画チケットをお得に入手する方法【公式ページより

シング2、ぜひ観てくださいね(^^)/