pythonコード プログラミング系 python データサイエンス 入門編 非エンジニア向け

【python入門編】環境構築したpythonでコードを書く方法(後編)

こんにちは、TAKです。
今回は、pythonで実際に「コード」を書く方法を紹介していきたいと思います。

pythonの環境構築が完了している前提で話を進めていくので、「環境構築って何?まだだよ」という方は以下の記事を参考にしてみてください。

【こんな人に読んで欲しい記事です】

● pythonをインストール後、実際に「コード」を書いてみたいと思っている方

● 色々な実行方法(Jupyter Notebookなど)を使えるようになりたい方

今回はpythonでコードを書く方法を3つほど紹介していきますが、結論としては2つ目に紹介する「Jupyter Notebook」を用いた方法がオススメです。理由としては、自分が書いたコード結果を、その都度確認することが出来て効率的だからです。

本記事で紹介する3つのコードに関するまとめが以下となりますので、気になる箇所を中心にチェックしてみてください。

【コードを書く方法①】ファイルから実行
・ 方法は知っておいた方がいい
・Jupyter Notebookを知る前に僕が使っていた方法

・Webアプリケーションを作る場合には、複数ファイルを組み合わせて実行する

【コードを書く方法②】Jupyter Notebookを利用
・ 是非使えるようになって欲しい
・自分のコードを都度チェックできるので、理解プロセスの可視化が出来て便利
・AIモデルや機械学習を勉強するにも最適な方法

【コードを書く方法③】 対話型インタプリタを利用
・多分知らなくても問題ない
・電卓代わりやちょっとしたコードをすぐにチェックしたいときに使えるくらい

今回、サンプルコードとして「実際にグラフを描画するコード」を書いていますが、雰囲気を知ってもらうことを目的としているので、コードの内容自体は(当然)今はわからなくてもOKです。「こういった感じで出来るのね〜」といった感覚を目指します。

【コードを書く方法①】ファイルから実行

まずは知っておいた方がいい「ファイルから実行」する方法を紹介します。
実行までの流れは、「テキストエディタの準備→コードを書いてpy形式で保存→コマンドで実行」の3ステップとなっていますので、順を追ってみていきましょう。

【ステップ1】テキストエディタを用意する

まず最初に、テキストエディタを用意しましょう。
標準のものでもいいですが、下記テキストエディタがオススメです。
書きやすい機能が充実していますし、見た目もカッコいいのでモチベーション上がります。
自分の好みで選んでみてくださいね。

【オススメテキストエディタ①】 Atom(公式サイト

【オススメテキストエディタ②】 Visual Studio Code(公式サイト

【ステップ2】コードを書いて「.py」ファイルで保存する

では実際にテキストエディタを使って「コード」を書いてみます。
下記では「Atom」を使って、グラフを描画するコードを書いた例です。

コードの内容自体はどうでもいいのですが、ポイントは拡張子を「.py」にして保存することです。
最初にファイル名を決めて、pyファイルとして保存しておくことで、上記図のように色がつくのでよりコーディングしやすくなります。

【ステップ3】コマンドで実行する

では実際に書いたコードの結果を表示させてみましょう。
Windowsならコマンドプロンプト、Macならターミナルで実行します。
ファイルを保存した場所をカレントディレクトリに設定した上で、「(ファイル名).py」を実行してみてください。ステップ2で書いたコードを例にすると、下記のようになります。

こんな感じでグラフが表示されました。
以上が「ファイルから実行」する方法でした。

【コードを書く方法②】Jupyter Notebookで実行

続いて、メインとなる「Jupyter Notebook」でコードを書く方法を紹介します。
プログラミングスクールでも「Jupyter Notebook」の導入を前提とした講義をしていたり、書籍に並んでいる多くの本も「Jupyter Notebook」を用いて解説していますので、参考にしてみてください。

【ステップ1】Jupyter Notebookを起動する

まずは「Jupyter Notebook」を起動させてみましょう。

▪️「Anaconda」経由でpythonをインストールした方(前回記事参考)
コマンドプロンプト(ターミナル)で「jupyter notebook」と入力すれば、下記のようにWebブラウザ上で起動します。もしくは、ダウンロードしたソフトウェアの中から「jupyter notebook」で検索して起動させてもOKです。

(※上記ではカスタマイズしているため「黒」ですが、デフォルトは「白」になっています)

▪️「python公式ページ」経由でpythonをインストールした方(前回記事参考)
Pythonはインストール出来ていますが、「Jupyter Notebook」はインストールされていないはずです。そのため、まずは下記コマンドを黒い画面(コマンドプロンプトやターミナル)に入力してゲットしましょう。
あとは上の内容と同じです。

Jupyter Notebook をコマンドプロンプトでインストールする方法

⇒ 「pip install jupyter」を実行

▪️「Anaconda」経由でpythonをインストールしたけど、エラーが出る方
「コマンドプロンプトで「jupyter notebook」と入力したのにエラーが表示される」という方は、「環境変数path」が通っていない可能性があります。

そのような場合は、環境変数の通し方に関する以下記事を参照してみてください。

環境変数PATHを設定する
Python で提供されているプログラムをコマンドプロンプトから実行する場合、 PATH を設定しておくと便利です。ここでは PATH の設定方法について解説します。(インストール時に自動で PATH を設定するようにチェックしていた場合には不要です)。

【ステップ2】新規ノートを作成する

Jupyter Notebookの起動が出来たら、実際にコードを書くためのノートを作成してみましょう。下記画像の赤丸部分を押してもらえば、これだけで新規ノートの作成は完了です!

Jupyter Notebookの起動画面から「新規ノート」を作る方法

【ステップ3】コードを書いて実行する

では最後に先ほどと同じコードを書いてみます。
ここではよりイメージしやすいように、下記コーディング動画を参考にしてみてください。コードの内容よりも、「こんな風に使うんだな」とわかってもらえればOKです。

「一つのセルごとにコードを書ける」「結果がすぐわかる」のがメリットですね。

【コードを書く方法③】対話型インタプリンタで実行

では最後に、参考程度ですが「対話型インタプリタ」を用いた方法を紹介します。
これは、コマンドプロンプトのような画面でpythonを処理するイメージです。

黒い画面で「python」と入力すると、下記のような画面が立ち上がります。
その上で、コードを入力すると今までと同様のグラフを表示させることが出来ます。
僕は電卓かわりに使うくらいなので、実務上使う機会は少ないです。

「対話型インタプリタ」を用いた方法

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、pythonを始めた方向けの入門編記事として、コードの書き方について紹介してきました。
合計3つほど紹介させてもらいましたが、「Jupyter Notebook」を使えるようになれば、快適にpythonの勉強を進められるようになると思います。

「Jupyter Notebook」はコードを書くだけでなく、講義資料のようなスライドを作成することも可能なので、自分オリジナルのノートを作るのもいいかもしれませんね。

「これからpythonを独学で頑張りたい!」という方は、以下記事でオススメ本を紹介しているので良ければ参考にしてみてください。

では今回はこのへんで。