pythonコード プログラミング系 python データサイエンス 入門編 非エンジニア向け

【python入門編】環境構築してpythonを始める方法を解説(前編)

こんにちは、TAKです。

今回は、「pythonに興味があるけど何からしていいかわからない」という方向けに、pythonを操作出来るようにするための「環境構築方法」を中心に紹介した入門編の記事です。

【こんな人に読んで欲しい記事です】

● 「python」に興味があるが、何からすればいいか今一つわからない方

● 「python」を導入する方法を知りたい方

pythonを使って、自分のPCで操作出来るようにするためには、「pythonのインストール(環境構築)」と「使い方の把握」の2ステップが必要となります。そのうち、今回は環境構築を紹介する前編記事です。

【ステップ①】インストール
pythonの使用環境を準備することが目的。今回記事(前編)にて紹介。

【ステップ②】使い方の把握
pythonでコードを書く方法の理解が目的。次回記事(後編)にて紹介。

Windows環境を前提として話を進めていきますが、下記紹介する対象URLの中に「Mac」や「Linux」専用のダウンロードページがあるので、適宜読み替えて導入を進めてみてください。

【python入門】 python環境を構築する2つの方法

python環境構築の概要

まず最初に、pythonの環境構築の方法を紹介していきます。
結論から言うと、導入方法は2通りありますが、初心者の方であれば最初に紹介する「Anaconda」経由の環境構築がオススメです。

pythonを実際に使っている立場から言うと、正直どちらの方法でも大差ないと思っています。
ただ、「データサイエンティスト」や「AIエンジニア」になることを目的としている方であれば、必要な「パッケージ」が一通り準備されている「Anaconda」がオススメとなります。

つまりAnacondaを使うと簡単にセットアップ出来るということです。
ちなみにプログラミングスクールでも、python初学者向けの初期設定として「Anaconda」での環境構築が一般的になっています。

【環境構築方法①】 Anacondaをダウンロード

ANACONDAのホーム画面イメージ

では実際に「Anaconda」をダウンロードしてみましょう。
公式ページにアクセスして、ダウンロードページを探してみてください。
OSごとに下図のように分かれているはずなので、自分のPC環境に合ったものを選択してダウンロードしてみてください。

ダウンロードページ(Versionにより実際の画面と異なる可能性があります)

留意点としては、「python」には「2.x系のversion」と「3.x系のversion」があるのですが、最新の「3.x系のversion」を選択するようにしてください。

ダウンロードが始まったら、デフォルト設定でOKなのでそのままインストールして完了させてください。(Install画面の「Add Anaconda to my PATH environment variable」のチェックが外れている場合には、チェックを入れて環境pathを通しておいてください。)

【環境構築方法②】python公式サイトからダウンロード

pythonのホーム画面イメージ

続いて「python公式サイト」経由でダウンロードする方法を見ていきます。
(※既に「Anaconda」でダウンロードが完了している方は、この部分は流し読みしてください。)

公式ページにアクセスしたら、一番下の方までスクロールをして「Downloads」の中からご自身が使っているOSを選択してダウンロードページへ飛んでください。あとは指示に従ってインストールすればOKです。

「Downloads」の中から「WIndows」や「Mac」などを選択してダウンロードページへ

先ほどの「Anaconda」と同様ですが、最新の「3.x系のversion」を選択するようにしてください。

これもデフォルト設定でOKなので、一気にインストールしてしまいましょう!
(Anaconda同様、Install画面の「Add python 3.x to PATH」のチェックが外れている場合には、チェックを入れて環境pathを通しておいてください。)

環境構築完了の最終チェック

以上で、python環境構築は完了となります。

「ちゃんとインストール出来ているか不安だな」という方は、下記コマンドを入力して「pythonのversion」が適切に表示されているか確認してみてください。
(Windowsならコマンドプロンプト、Macならターミナルで操作)

Command:「python –version」

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、pythonを始めたい方向けの入門編記事として、環境構築方法について紹介してきました。
インストールには多少時間がかかるかもしれませんが、導入方法自体はシンプルだったかと思います。

インストールの段階でつまづいてしまう方も多いそうなのですが、pythonを使えるようになれば世界が広がるので、是非諦めずにチャレンジしてみてください!

環境構築が完了して「実際にコードを書いてみたい!」という方は、以下後編の記事も参考にしてみてください。

では今回はこのへんで。