DS(データサイエンス) SQL 環境構築 非エンジニア向け

【環境構築】PostgreSQLのインストール&データベース構築方法

こんにちは、TAKです。
今回は、リレーショナルデータベース(RDB)の一つである「PostgreSQL」の環境構築方法について紹介していきたいと思います。

具体的には、「これからPostgreSQLを使いたい」という方向けに、PostgreSQLをインストールする方法や簡単なデータベースを構築する方法を紹介していきます。なお、「Windows」ユーザー向けに解説している記事となりますので、その点予めご了承ください。

【こんな人に読んで欲しい記事です】

● これから「PostgreSQL」を使い始めたいと考えている方

● 「PostgreSQL」のインストール方法やデータベース作成の概要を知りたい方

【Windowsユーザー向け】PostgreSQLの環境構築方法

PostgreSQLのダウンロード&インストール

まず最初に、PostgreSQLの公式サイトからインストーラーをダウンロード&インストールします。
特に難しいことはないので、デフォルト設定のまま進めてもらえればOKですが、いくつか留意点をメモしておきます。

PostgreSQLのインストールに関するメモ

● 基本的にデフォルト設定で進めればOK

● スーパーユーザー(postgres)のパスワード入力が求められるため、忘れずにメモ

● インストール完了時の画面では、「Stack Builder」はインストールしないのでチェック外す

● インストール後は、コマンドプロンプトで操作出来るように環境変数PATHを設定する

PostgreSQLのインストーラーはコチラの公式ページからダウンロード出来ます。
今回は「64bit版」をダウンロードしていきますが、ご自身の環境に応じて選択するようにしてください。

PostgreSQLの公式ページ(ダウンロード画面)

ダウンロードが完了したら、以下のような画面からインストールを開始していきます。
基本的にデフォルト設定でOKなので、「Next」を押して進めていきます。

インストール画面

途中で「superuser」のパスワード入力が求められるので、忘れないようにメモしておきましょう。

「superuser」のパスワードを入力&メモしておきましょう

インストールが完了すると、以下のような画面になります。
「Stack Builder」の追加インストールはしなくていいと思うので、チェックを外してFinishします。

チェックを外してFinishする

以上で、PostgreSQLのインストール作業は完了です。

環境変数PATHの設定

続いて、コマンドプロンプト上で操作出来るように「環境変数PATH」を設定しておきます。

PATHを通す方法は以下に詳しく書いてあるので、やり方がわからない方は参考にしてみてください。
「システム」画面から「環境変数」を選択し、「Path」の編集をするだけなので簡単に出来ます。

環境変数PATHを設定する
Python で提供されているプログラムをコマンドプロンプトから実行する場合、 PATH を設定しておくと便利です。ここでは PATH の設定方法について解説します。(インストール時に自動で PATH を設定するようにチェックしていた場合には不要です)。

最終的に、以下のような画面で「PostgreSQL」の保存場所を指定してあげれば完了です。

環境変数PATHの設定画面イメージ

● デフォルトで操作を進めた場合の保存場所 : C:\Program Files\PostgreSQL

● 環境変数PATHで指定する場所 : C:\Program Files\PostgreSQL\12\bin

「デフォルトで進めたからどこに保存されているかわからない」という方は、上記を参考にプログラムの保存場所を探してみてください。バージョンによって表示は多少変わると思います。

インストールの完了確認

環境変数PATHの設定まで完了したら、先ほどのインストールが無事に完了出来ているか確認してみます。
コマンドプロンプトの画面上で「psql –version」と入力して適切にバージョンが表示されていればOKです。

インストールの確認画面【上:環境変数PATH設定前/下:環境変数PATH設定後】

簡単なデータベースの設定方法

無事にPostgreSQLのインストールが完了したので、簡単にデータベースを設定する方法を紹介しておきたいと思います。コマンドプロンプトの画面を立ち上げて、以下コマンドを参考にしつつデータベースを作成してみてください。

コマンドプロンプトでの操作コマンド

● psql -U postgres : PostgreSQLにログイン

● create database (データベース名) : データベースの作成

● 「\l」 : データベース一覧の確認 / 「\q」 : PostgreSQLからログアウト

ログイン時にパスワードを求められるため、インストール時のメモを確認して入力
データベースの作成画面
作成したデータベース一覧の確認画面
PostgreSQLからログアウト

【pythonユーザー】SQL用ドライバーのインストール

最後に、pythonユーザーで「pythonを使ってPostgreSQLに接続したい!」という方向けに、よく使われるドライバーのインストール方法を紹介しておきます。

以下のように、pipコマンド「psycopg2-binary」でPostgreSQLを操作出来るドライバーのインストールが簡単に出来るので、参考にしてみてください。

pipコマンドで「psycopg2-binary」のインストールが可能

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、RDBの一つである「PostgreSQL」の環境構築として、インストール方法からデータベース作成まで紹介してきました。

「SQL」を仕事で使う方だけでなく、Djangoの初期データベースをsqlite3から変更したいという方も、参考にしてもらえればと思います。「Django」関連の記事は以下で紹介しているので、興味のある方は良ければのぞいてみてください。

では今回はこのへんで。