べくとりうむ.py Written by TicTak(※現在ブログ工事中のため、見づらい点があり申し訳ないです)

【python】Django初心者の方にオススメの勉強法を紹介【効率的に勉強したい方向け】

Django python 勉強法

こんにちは、ちくたっく(@tictak_py)です。

今回は、pythonを使ってWebアプリケーションを作れるフレームワーク「Django」の勉強法を紹介していきたいと思います。

「そもそもDjangoって何?具体的にどんなことが出来るか知りたい」という方は、以下記事を参考にしてみてください。

こんな方に読んで欲しい記事です

  • これから「Django」を勉強してみたいと考えている方
  • pythonを使って「Webアプリケーション」を作れるようになりたい方

DjangoはWebアプリケーションを作るための非常に優れたフレームワークですが、意外とその勉強方法やDjangoのことを学ぶ手段は多くないのが現状です。

最近こそ日本語書籍や日本語の情報も増えてきましたが、「これから始めたい」という方が効率的に学習を進められるように、「オススメ本」「オンラインサービス」「基礎習得後のロードマップ」の3つにわけて、オススメの勉強法を紹介していきたいと思います。

Djangoを学んでみたい方にオススメの本【3選】

Django関連の本について

まず最初に、Django関連のオススメ本について紹介していきます。

Djangoの本はいくつかありますが、pythonなどの入門書に比べると日本語のDjango関連書籍は圧倒的に少ない印象です。

また、タイトルに「入門」と書いてあっても、pythonやDjangoに関する事前知識がある程度ないと読み進められないものまであります。

そのため「自分に合うレベルはどれかな?」と意識しながら選ぶようにしてみてください。

オススメ本①|「Python Django 超入門」

1冊目に紹介するのは「Python Django 超入門」という本です。

この本の特徴としては、タイトル通り「python初心者」にもやさしい本であり、初心者の方には一番読みやすい点かと思います。

もちろん、「超入門」とうたっているだけあり、この一冊でDjangoをマスターするのは無理なので、ある程度全体像やDjangoの仕組みがわかった段階で、この後に紹介する書籍を手にしてみることをオススメします。

また、既にpythonの基礎がわかっている方や、アプリケーションを作ってデプロイしたい方であれば、この後に紹介する書籍から入った方が良いかなと思います。

オススメ本②|「現場で使えるDjangoの教科書」

2冊目に紹介するのは「現場で使える Django の教科書(基礎編)」という本です。

「基礎編」とありますが、初心者の方向きの本ではないかなと個人的に思います。
先ほどのオススメ本①を理解した方や、オンラインサービスで基礎を習得済の方が、「辞書代わり」として使うのに丁度良いレベルといった印象です。

丁寧に書かれている本なので、「Django関連の本を1冊は持っておきたい」という方にもオススメです。

基礎編を読んでわかりやすかった方には、続編である「実践編」を手に取ってみてもいいかと思います。
>> 現場で使える Django の教科書(実践編)

オススメ本③|「動かして学ぶ!Python Django開発入門」

3冊目に紹介するのは「動かして学ぶ!Python Django開発入門」という本です。

これも「入門」とありますが、初心者の方には難しい「中上級者」向けの本だと思います。

また、今回紹介する3冊の本の中では一番新しい本(2019年12月)で、図解もあって結構わかりやすいのですが、他ページを参照することが多めなのでKindleなどの電子書籍では買わない方がいいかもしれません。

この本の特徴としては、網羅性という観点から優れており、中上級者の方や基礎を習得した方が「より幅広い知識」を求めるには最適といった印象です。

具体的には、作成したWebアプリケーションをAWSで公開する方法や、HTTPS化や独自ドメインでの設定方法を紹介しているので、「実践力な力」を求めている方にオススメの一冊です。

Djangoを効率的に学べるオンラインサービス

Django関連のオンラインサービスについて

続いて、Djangoが学べるオンラインサービスについて紹介していきます。

独学したい方や本を読んで学ぶのが好きな方であれば、先ほど紹介したオススメ本で勉強していくことも可能ですが、「忙しくてなかなか時間が取れない」「独学だと挫折してしまう」といった方は、オンラインサービスを使った学習が効率的だと思います。

オンラインサービスも書籍と同じく種類はそんなに多くないのですが、「Djangoを効率的に学べる」サービスを3つ紹介していきます。

pythonもDjangoも初めてなら「PyQ」が効率的

まず最初は、PyQ(パイキュー)」というサービスです。

PyQ(パイキュー)はDjangoに限らず、python入門者向けに様々なコンテンツを豊富に提供しているサービスです。

BeProudという会社が運営しており、「いちばんやさしいPythonの教本」の出版や、ITエンジニアを繋ぐ勉強会プラットフォーム「connpass」を開発した会社でもあります。

「pythonもDjangoも初めて学ぶ!」という方であれば、PyQでpythonの基礎文法を学びながらdjangoを学ぶことも可能なので、効率的にまとめて学習したい方にはオススメです。

「PyQ」のホームページより引用

>> オンラインで勉強できるpython学習プラットフォーム「PyQ」を見てみる

効率的にDjangoを学びたい人には「Udemy」

3つ紹介するとお伝えしましたが、残りの2つはUdemyです。

Udemyとは、「教えたい人」と「学びたい人」を繋ぐ世界最大級のオンライン学習プラットフォームです。
時間のないビジネスマンやスキマ時間を効率的に活用したいといった方の利用が多いのが特徴ですね。

「Django」関連のコンテンツとしてオススメなのは以下2つです。

  • pythonの基礎からDjangoを学べる入門講座
  • アプリを作ってDjangoの基礎をマスターする講座

それぞれの特徴を3つほどあげておきますので、ご自身のレベルや状況に応じて「どちらが自分にあっているか」参考にしてみてください。

pythonの基礎からDjangoを学べる入門講座

Udemy1つめの講座は「プログラミング初心者でも安心、Python/Django入門講座 」という講座です。この講座の特徴をまとめると以下のようになります。

  • 【特徴①】 pythonの基礎とdjangoの基礎を丁寧に解説しているコンテンツ
  • 【特徴②】 総レクチャー数112、総講義17時間のボリュームあるコンテンツ
  • 【特徴③】 ブログ等のWebアプリケーションを1人で作れるようになる

こちらの講座はpythonの基礎から丁寧に解説している講座になるので、pythonの基礎がちょっと不安という方向けかなと思います。

アプリを作ってDjangoの基礎をマスターする講座

Udemy2つめの講座は「【徹底的に解説!】Djangoの基礎をマスターして、3つのアプリを作ろう! 」という講座です。この講座の特徴をまとめると以下のようになります。

  • 【特徴①】 Djangoを中心に基礎や仕組みを体系的に解説しているコンテンツ
  • 【特徴②】 総講義19時間のベストセラーに選ばれたコンテンツ
  • 【特徴③】 3つのWebアプリケーションを作って外部公開する方法まで紹介

こちらも講座も丁寧に解説されていますが、pythonの基礎や使い方はある程度出来ている前提で講座が進んでいくので、pythonの基礎は問題なく、Djangoに集中して学習したい方向けかなと思います。

いずれのコンテンツも「Udemyアカウント」さえ持ち続けていれば、永久に視聴することが出来るので、何度も復習したい方や見返したい方にはオススメです。

Djangoの基礎を習得した後のロードマップ

Djangoの基礎を習得した後にすべきこと

最後に、Djangoの基礎を習得した後のロードマップを紹介しておきたいと思います。

基本的なスタンスとしては、自分が目的設定した内容を実現できるようになるまで、自分がなりたいレベルに達するまで、繰り返しコードを書いていくイメージです。

その目的を達成するための手段として役に立ちそうな学習ツールを3つ紹介しておきます。

Djangoの公式ドキュメント

まずは、Djangoの公式ドキュメントを利用する方法です。
公式ドキュメントを見てもらえればわかるように、すべて英語です。

英語が苦手な方は「うわ~」って感じかもしれませんが、日本語表示にも出来るはずなので試しに見てみてください。「ログイン機能ってどうやって実装すればいいんだっけ?」とか何かしら疑問を持った時に、コード付きで解決策を教えてくれる方法なので、ステップアップに使えます。

Djangoのソースコード

続いては、Djangoのソースコードを理解してみる方法です。
GitHubにソースコードが上がっているので、興味ある方はのぞいてみてください。

「そもそもDjangoってどうやって動いているんだろう?」と疑問を持った方や、「Djangoの根本的な仕組み」を知りたい方は、ソースコードを一つずつ解読することで、Djangoへの理解を深めることが出来るはずです。

難易度は高めですが、基本がしっかり身に付いた頃にはチャレンジしてみたい領域ですね。

Bootstrapに触れる

最後は、「Bootstrap」を勉強してみる方法です。
Djangoの公式ドキュメントやソースコードを見る方法に比べれば、取っ付きやすい内容です。

Bootstrapというのは、フロントエンドに関するライブラリであり、自分で作ったWebサイトの「見た目」をより美しくしたい方にオススメです。見た目に関する部分なので、python以外に「HTML」や「CSS」、「JavaScript」などが関係してきます。

「CSSやJSはよくわからない」という方であれば、ProgateなどでHTML/CSS講座などを受けてみてもいいかもしれませんね。

以下記事ではフロントエンド(HTML/CSS/JavaScript)の学習を目的別に紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

「Bootstrapを本格的に勉強したい」という方には、以下の本がオススメです。
最初から順番に読んでいくというよりは、辞書代わりに使える本なので、一冊持っていてもいいと思います。

さいごに

今回は、pythonを使ってWebアプリケーションを作れるフレームワーク「Django」のオススメ勉強方法について紹介してきました。

基本をしっかりと理解しておけば、公式ドキュメントやソースコードを読む時にも役立てることが出来るので、今回紹介した内容をもとに自分に合っている勉強方法を見つけてみてください。

ではでは。